ああとにあつく! 鳩山総理親子の脱税について(考察シリーズ)

   鳩山総理親子の脱税について(考察シリーズ)

 鳩山総理が一所懸命に説明した。不肖、今唐は好感を持ったのだが、ただし、触れてはいるが、説明していない点がある。

 それは、自民党の谷垣総裁が言っているように、脱税という観点からの説明である。

 ご母堂は、「人様に迷惑をかけるよりは、出すのは当たり前だ」と語り、それを、総理は知らないと言っているのである。不肖、今唐は税法のことを知らず、また、例によって調べないが、 いよいよ、「丸さ」の登場である。

 総理は、納税するとは言ったが、税法にも罰則はあるのである。なおざりにしてはしてはならない。司法・税務当局は、総理だからと言って、決して、なおざりにしてはならないのだ。

 日本国の、日教組の教育などによって崩された「金持ちの矜持」を、取り戻す機会としなければならない。

 検察庁は、これからは、小沢事件の方に総力を注ぐ必要もあるであろう。税務当局に全ての資料を引き継がねばならない。

 「丸さ」が登場して内密な捜査をする必要は全くないないであろう。けじめを取ったらいいだけの話である。

 領収書などの残っているメモなどの分析・検討や親子(総理だから上申書か?)、秘書を調べるため、これから「税務・特捜班」の登場である。政治に対する税務官僚の「逆襲」である。頑張ってほしい。

 徹底的にやるべきである。所謂、溜め込むばかりの日本の金持ちの「脱・節税」の実態を解明して、辞めないといっている総理には、格差解消をさせなければならないのである。

 学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗の下のブログを参考にして下さい。
 
 ○ 鳩山総理の今の問題点について(考察シリーズ)
  << 作成日時 : 2009/12/13 06:40 >>
  http://39383054.at.webry.info/200912/article_8.html

 上のブログを書く時点では、不肖、今唐は貧乏人のくせに、金持ちに甘く、「納税したらいいか」と思っていたのだが、鳩山総理の会見を聞いている中で、格差解消の一つの契機になる、それに総理の「友愛精神」にもつながる、徹底的にけじめを取るべきだと考えたのである。

 小沢さんではないが、総理も決して、そのことをいやがらず是認してくれるだろうと考えたのである。とりも直さず、税務当局の振起と自民党からの監視と督促を期待する。(この項おわり)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック