あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS 米朝首脳会談の根底にあるもの、対処の心構え(ツイッター風ブログ)

<<   作成日時 : 2018/06/29 21:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

 アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩労働党委員長の会談の結末はこれからだが、その結末を見届けつつ、心しなければことは、日本は極東の周囲を海に囲まれた、一見、防衛上は有利な地勢ではあるものの、次の二点に、特に、配意心しなければならない。

 一つ、日本民族は優秀なのであろう、明治維新が明けるとロシア帝国のバルチック艦隊を撃破し日露戦争に勝利した。だが、人種的には朴訥であるが、国としては限りなく利己的で、プーチン大統領は北方四とは返す気配もない。

 つまりは、明治維新当時はロシア帝国の南下を見事に阻止したのである。
   
 二つ、中国である。当時、中国は清朝の支配する国家であったが、こちらも、日清戦争で日本は朝鮮半島の権益、独立を守るため「清朝中国」を撃破したのである。

 だが、習近平体制の中国は、ある意味、ロシア、プーチン大統領をしのぐ「共産党独裁国家」であり「覇権国家」でもある。

 つまりは、明治維新当時は何とか持ちこたえたが、今では、言われない歴史戦を仕掛けられたり、国力的にも日本はアップ、アップなのである。
 
 従って、日本としては、アメリカと連携をとりつつ、朝鮮半島の非核化は目指すが、マチス防衛長官が言明しているので一応は安心できるが、朝鮮半島のアメリカ軍の駐留は確保しなければならないのである。

 アメリカも、トルーマンやルールベルト大統領のように、大東亜戦争を仕掛けるなど隅に置けない曲者ではあるのだが。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。 


 


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「米朝首脳会談の根底にあるもの、対処の心構え(ツイッター風ブログ)」について
「米朝首脳会談の根底にあるもの、対処の心構え(ツイッター風ブログ)」について アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩労働党委員長の会談の結末はこれからだが、その結末を見届けつつ、心しなければことは、日本は極東の周囲を海に囲まれた、一見、防衛上は有利な地勢ではあるものの、次の二点に、特に、配意心しなければならない。 ...続きを見る
あゝとにあつく!
2018/06/29 21:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米朝首脳会談の根底にあるもの、対処の心構え(ツイッター風ブログ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる