あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS 貴乃花親方の処分決定と若干の考察

<<   作成日時 : 2017/12/29 09:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 降格処分となってやれやれである。このブログでは考えられる最高の処分を、と書いた。書いた理由だが、失礼だが、思ったままに書くのがこのブログの方針ですので書かせていただくが、優柔不断で臍が曲がっていると考えたからです。
 処分は「降格」で、理事解任で役員待遇委員となる。正式処分は1月に入ってからの評議委員会で正式決定される。確か、暴行を行った日馬富士の親方の伊勢ケ浜親方と同じ処分である。
 無責任なコメンテーターはやった方とやられた方が一緒でいいのか、と屁理屈をこねるのだが、これも失礼だが、若乃花(兄)と貴乃花の存在感は相撲界において最高のものであったのである。今で言う「すもじょ(相撲女)」が出来ていたほどなのである。
 また、今日は失礼ばかりだが、若手女優との宮沢りえ女史との破談にも、優柔不断で臍が曲がっているとの基本部分が関わっていると考えるのです。

 ではまた、御機嫌よう、さようなら。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
貴乃花親方の処分決定と若干の考察 あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる