あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS わが敬愛する櫻井よし子女史の推薦図書

<<   作成日時 : 2017/12/25 08:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

正月休みに読むべき三冊の本を女史が推薦している。目的として一つには憲法改正を軸とした日本国の立て直し.二つには東京裁判に始まる戦後版の歴史の不条理を日本人が認識することである。
先ず一冊目世界一非常識な日本国憲法(扶桑社新書、820円、長尾絋一著)。
2冊目は自治労の正体(扶桑社新書、820円、森口朗著)。
3冊目です、世界がさばく東京裁判(明成社、1600円、佐藤和男著)
です。なお、この紹介は12月24日の産経紙であります。お暇な読者はどうぞお読みください。
ではまた、ご機嫌よう、さようなら。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
わが敬愛する櫻井よし子女史の推薦図書 あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる