あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS 北朝鮮ミサイル発射、韓国の対策、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

<<   作成日時 : 2017/07/31 14:49   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

北朝鮮ミサイル発射、韓国の対策、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

 韓国政府は29日の北朝鮮の大陸弾道弾(ICBM)の発射を受け、韓国軍のミサイルの弾頭などを強化する「指針」について米国と協議することを決定した。

 既に、弾道ミサイルについては、2012年に射程を300キロから800キロに延ばすことに合意し韓国が開発中であるが、新たに、弾頭について500キロから1トンに増やすことを決定したそうである。

 韓国の分在寅大統領は、北朝鮮に会談を呼びかけいたが、確か、日程も延長した筈だが、成(な)しのつぶてで無視されたのである。

 確か、アメリカは連合軍として北朝鮮とは、未だ、交戦中であり、韓国は朝鮮の各種インフラ整備に尽くした日本に対し無意味な歴史戦を仕掛けているが、自国の防衛の基本的部分についてアメリカと協議するような国であることを自覚すべきなのである。

 日本も安部総理はアメリカのトランプ大統領と電話会談し、緊密な連携の下に対処していくことを確認済みである。具体的には、飛来したアメリカの長距離爆撃機と航空自衛隊の戦闘機が共同訓練を実施している。

 さて結論にするが、ここ数日は北朝鮮の金正恩総書記は所在を隠していた筈である。今度の発射されたICBMの発射地を隠していたのだろう。そして、今回は夜の発射でもある。

 また、初めてだそうだが、中国は習国家相主席が陣頭指揮して大々的な軍事訓練を実施した。また、アメリカのトランプ大統領はSNSで中国は何の役にも立たないと呟き、北朝鮮は体制維持の基に、アメリカとの対話をひたすら望んでいるのだろう。

 このブログに何度も書いているが、日本の防衛について、そろそろ、核装備の準備の検討を始めるべきなのだ。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)

 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「北朝鮮ミサイル発射、韓国の対策、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)」について
「北朝鮮ミサイル発射、韓国の対策、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)」について 北朝鮮ミサイル発射、韓国の対策、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ) ...続きを見る
あゝとにあつく!
2017/07/31 14:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北朝鮮ミサイル発射、韓国の対策、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる