あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国、文政権の北朝鮮交渉はどうなる、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

<<   作成日時 : 2017/07/20 11:49   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

韓国、文政権の北朝鮮交渉はどうなる、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

 韓国が北朝鮮に交渉を持ちかけた。軍事会見と赤十字会見である。軍事会見は明日(7月21日)であるが、北朝鮮側の施設「統一閣」で行い、7月27日から南北軍事境界線付近での「一切の軍事交渉を禁止する」、との内容である。

 赤十字会見は、8月1日に反門店の韓国側施設「平和の家」で行い、中秋の10月4日に南北離散家族の再開事業を行う、とのものである。

 これ以外にも、北朝鮮は、外貨を稼げる開場工業団地の再開と金剛山観光の再開は切望しているに違いない。また、韓国の文在寅大統領は今月6日ベルリンの演説で今回の内容のような会談を呼びかけているのである。

 だが、北朝鮮は15日付けの労働新聞で「破廉恥な詭弁だ、だが、先人らとは異なる立場だと言うのは幸だ」とし、更に、米韓合同訓練のことであろうが「政治・軍事状態の解消が必要」としたようだ。

 文大統領によれば、トランプ大統領は「適切な条件下であれば北朝鮮と対話を始めることが出来る」と述べたと語ったようである。但し、アメリカは北朝鮮が核の放棄に応じない限り交渉には応じないとの立場には変化はないようである。

 一方で、米軍制服ナンバー2の共和党のセルバ統合参謀本部副議長は、現時点で米本土の標的に正確に命中させる能力は無いと、上院軍事委員会の聴聞会で証言したようである。また、北朝鮮への先制軍事攻撃について、潜在的な選択肢として検討し、その結果について考慮すべきである、とも証言した。

 二階幹事長と米下院軍事委員長のソーンベリー氏とが19日(日本時間)に会談し、日米同盟を深化し、中国の果たすべき役割の必要性について認識を共有し、ソーンベリー氏は「テロやロシアの問題より北朝鮮への脅威が高まっている」と延べ、二階幹事長は「日本もやれることはやる」と応じたそうである。

 さて、結論であるが、この交渉がどう収まるか注視し、現在の状態が継続するのであれば、つまり、北朝鮮がミサイルを保有し、核実験の有無は別にして、初期的な核弾頭を保有している状態であるならば、日本の核武装について検討を進めるべきではないかと考えるが、如何であろうか。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)

  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「韓国、文政権の北朝鮮交渉はどうなる、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)」について
「韓国、文政権の北朝鮮交渉はどうなる、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)」について 韓国、文政権の北朝鮮交渉はどうなる、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ) ...続きを見る
あゝとにあつく!
2017/07/20 11:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国、文政権の北朝鮮交渉はどうなる、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる