あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国民主化の旗手、ノーベル平和賞授賞者の劉暁破氏が死去、あゝとにあつく!(考察シリーズブログ)

<<   作成日時 : 2017/07/17 03:02   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

中国民主化の旗手、ノーベル平和賞授賞者の劉暁破氏死去、あゝとにあつく!(考察シリーズブログ)

7月13日に、中国民主化の旗手、ノーベル平和賞者が多臓器不全のため、とうとう、死去された。61歳だった。

 劉暁破氏は08年に中国一党独裁の廃止などを求めた「08憲章」を起草したため、「国家政権転覆罪」に問われ服役していたが、今年6月に末期の肝臓がんと診断され、遼寧省錦秋の刑務所から中国医科大学付属第一病院に移され、療養中に死去した。 

 劉暁破氏とその妻の劉霞霞(56歳)は国外での治療を希望し、ドイツ、米国、フランスなどが劉氏らの受け入れを表明したが中国当局は病状悪化を理由に最後まで移送を拒否したのである。

 劉暁破氏は1955年、吉林省長春で生まれ、北京師範大で文学博士号を取得後、米コロンビア大の客員研究員などを歴任した。その後、89年4月の北京天安門広場付近での学生運動の高まりを受けて帰国した。

 ハンガーストライキにも参加したが、学生に対しては民主的な運動のあり方を要求し、戒厳部隊が天安門広場を包囲した6月4日未明には、部隊側と交渉に当たり大部分の学生らを無事に撤収させたが、学生運動の黒幕として拘束され、「反革命宣伝暴動罪」に問われたものである。

 なお、前記の「08憲章」では「共産党が政治、経済、社会の資源を独占している」と主張し、憲法改正や司法の独立、「公職選挙の実施」などを求めたのである。

 さて、長くなるので、ソロソロ結論にするが、菅官房長官と岸田外務大臣は一応の「抗議」を示したが、安部総理は、何故、抗議をしないのであろうか。特別な理由があるのであろうか。無い筈である。

 そして、中国の習政権は世界中から非難を浴びているのである。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)



 




 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「中国民主化の旗手、ノーベル平和賞授賞者の劉暁破氏が死去、あゝとにあつく!(考察シリーズブログ...
「中国民主化の旗手、ノーベル平和賞授賞者の劉暁破氏が死去、あゝとにあつく!(考察シリーズブログ)」について 中国民主化の旗手、ノーベル平和賞授賞者の劉暁破氏死去、あゝとにあつく!(考察シリーズブログ) ...続きを見る
あゝとにあつく!
2017/07/17 03:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国民主化の旗手、ノーベル平和賞授賞者の劉暁破氏が死去、あゝとにあつく!(考察シリーズブログ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる