あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS 国連報告人、ケナタッチ氏、社民系人物要注意、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

<<   作成日時 : 2017/06/19 05:21   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

国連報告人、ケナタッチ氏、社民系人物要注意、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

 国連報告人、ケナタッチ氏が、6月23日に日本政府に反論したようだ。前日の5月22日付けのケナタッチ文書は、「テロ等準備罪」について法案を性急に成立させることは愚かである、としていたようである。

 産経紙が6月18日に伝えている。どうやら、日本政府とやり取りがあり、報道の主意は、この文書を日本弁護士会の幹部が民進党に提供した、とのものである。

 これは、推測であるが、国連報告人のケナタッチ氏がテロ等準備罪に何がしかの疑念を持っており、それに日本弁護士会もかかわっており、日本政府とのやり取りの文書を、政局のネタに民進党に提供したようなのである。

 また、社民党の福島氏が、重ねて、国会で安部総理を追及したし、「過ってのコミンテルン」のように国際的な「謀略の動き」がないか、確認して欲しいのである。

 そして、この記事の結論としては、下の記事でもお願いしたが、安部政権は、本腰を入れて「国連報告人対策」を取って欲しいのです。

 〜〜〜〜〜〜

国連報告人と国連ジュネーブ代表部大使への不満、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)
<< 作成日時 : 2017/06/14 08:45 >>

 「国連報告人」とは、民進党などが政局に利用するデービット・ケイ氏で、代表部大使とは伊原純一氏のことである。この両者が6月12日午後(日本時間)、ジュネーブで開催中の国連人権理事会で、報告と反論を行ったのである。

 この「報告人」の報告については、残念だが日本人の中に、「根拠の無い協力」をする人々もおり、また、韓国や中国の強力なロビー活動もある。慰安婦問題などについての「クマラスワミ報告書」や「マクドゥーガル報告書」の例もあり、巨大な誤った認識を世界に拡散した。

 確か、NHKのBS放送の海外放送局の報道もあり、6月13日の産経紙は、「日本の報道、独立性懸念、国連人権理で報告、政府反論へ」、「政府、報道へ圧力ない、国連人権理の報告に反論」、との見出しも打っている。

 つまり、外務省官僚の悪い癖で、ガンガン論理で突き詰めるところが希薄なのである。日本人的情緒の良いところでもあるのだろうが、解かるであろうとオブラートに包む。BSの海外局の報道を見てそう感じた。

 このことは、代表部大使の伊原純一氏だけの責任ではない。安部総理は、ジュネーブに強力なスタッフを揃えて欲しいのだ。

 〜〜〜〜〜〜〜

 (終わります、ご機嫌にょう、さようなら)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「国連報告人、ケナタッチ氏、社民系人物要注意、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブロ...
「国連報告人、ケナタッチ氏、社民系人物要注意、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)」について 国連報告人、ケナタッチ氏、社民系人物要注意、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ) ...続きを見る
あゝとにあつく!
2017/06/19 05:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国連報告人、ケナタッチ氏、社民系人物要注意、あゝとにあつく!(考察シリーズ、ツイッター風ブログ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる