あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとにあつく!東芝とWH(ウエスチング・ハウス)問題(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

<<   作成日時 : 2017/03/30 15:47   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

あゝとにあつく!東芝とWH(ウエスチング・ハウス)問題(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

 この問題は、平成18年、今から11年前に始まった。つまり、この年に東芝が「WH」を買収して子会社にした。このことによって日本には「原発メーカー」として三菱、日立と東芝(WH)の3社がそろったのである。

 米国のスリー・マイル島の原発事故は今から32年前であるが、東芝が「WH」を購入した頃のアメリカでの「原発事業の需要」は少なく、推測だが、だからこそ東芝は「WH」を買収出来たのであろう。

 先ずは、当時の経営陣の見通しの甘さを指摘しておかねばならない。また、平成27年には不正会計問題も惹起させているのだ。

 東芝は「WH」を買収した後、老舗、つまりは日本人的美徳で「WH」の経営をアメリカ人の経営者に任せたのであろう。そして、これも推測だが、アメリカのビジネス社会がそうであるように「WH」の経営陣は高給をむさぼっていたのであろう。

 極論すれば、日本の官民は米国の官民に騙されたのではないかとの疑念さえ持ってもよいのではないか。また、その結果、収益の良い半導体事業部門も売り払ってしまうことになったのだ。

 今後、「東芝(旧東京芝浦電気)」という日本有数の老舗企業は、廃炉ビジネスや社会インフラ事業に力を入れるとしてる。

 また、日本では例によって、左翼的、短絡的原発反対の勢力があるものの、世界における原発需要は多いのである。東芝は無理にしても、三菱、日立の活躍が望まれるのである。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「あゝとにあつく!東芝とWH(ウエスチング・ハウス)問題(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)」...
「あゝとにあつく!東芝とWH(ウエスチング・ハウス)問題(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)」について あゝとにあつく!東芝とWH(ウエスチング・ハウス)問題(考察シリーズ、ツイッター風ブログ) ...続きを見る
あゝとにあつく!
2017/03/30 15:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとにあつく!東芝とWH(ウエスチング・ハウス)問題(考察シリーズ、ツイッター風ブログ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる