あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとにあつく!道徳の教科書検定を通る、歴史的意義(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

<<   作成日時 : 2017/03/27 05:28   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

あゝとにあつく!道徳の教科書検定を通る、歴史的意義(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

 文部官僚は天下りを批判され、可哀想な気がするするが、やっと、重い腰を挙げた。そして、道徳の教科書が検定を通過したとの報道があった。これで、大東亜戦争に敗れて以来続いていた日教組の「偏向史観」から脱出出来ることとなり非常に意義がある。

 それに、もう、「森友学園、籠池理事長問題」には触れたくないが、教育勅語の「全否定」について3月26日の産経紙の「小さな親切、大きなお世話」で曽野綾子女史が、上に書いたような日教組的文学者に触れながら全否定でよいのかと書かれている。

 お読みでない読者は、是非、一読下さい。

 (終わります 、ご機嫌よう、さようなら)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「あゝとにあつく!道徳の教科書検定を通る、歴史的意義(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)」について
「あゝとにあつく!道徳の教科書検定を通る、歴史的意義(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)」について あゝとにあつく!道徳の教科書検定を通る、歴史的意義(考察シリーズ、ツイッター風ブログ) ...続きを見る
あゝとにあつく!
2017/03/27 05:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとにあつく!道徳の教科書検定を通る、歴史的意義(考察シリーズ、ツイッター風ブログ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる