あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとにあつく!森友学園問題、籠池理事長他をめぐる本質(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

<<   作成日時 : 2017/03/25 10:38   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

あゝとにあつく!森友学園問題、籠池理事長他をめぐる本質(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

 安部総理の明恵夫人は朗らかで気さくな人物であるようだ。この件に関しては、恐れ多いが皇后陛下にまで触れて、このブログの記事に書いたが、不足しているところがあるので補足させて下さい。

 そして、夫人は安部総理と相談した上で最近、呼ばれた講演会に出席したが、「この騒ぎ」に想いが及んだのか涙まで流したそうである。

 さて、補足を書いていきますが、一つは、基本的な構造であるが、いささか品性を欠き似非保守主義者とは書いたが、特異な人物であるように見受けられる籠池理事長・妻淳子女史とニューライトと表現したが安部総理、明恵夫人、稲田防衛相を入れても良いが、この「概念の中での出来事」であることだ。そして、決定的な破綻は前段の籠池理事長の特異な性格なのである。

 二つには、明恵夫人について、野党は政局にしようと、参議院の予算委員会では、特に、民主党福山幹事長代理や共産党小池事務局長は証人喚問をせよ、といきまいたことだ。

 安部総理は喚問される理由や必要はないと拒否したが当然である。つまりは、総理が触れてはいたが、籠池理事長のような人物を喚問したらよいのである。

 三つには、安部総理の国政上の地位であるが、日本は議院内閣制をとっているので、三権分立の中の国会と行政の代表者なのである。従って、前の記事に書いたように、明恵夫人は日本の「トップレディー」なのである。皇后陛下を喚問することなどあり得ないが、明恵夫人はそれに順ずると考えるべきであろう。

 四つには、確か、税理士であった筈だが、西田昌司参議院国会対策委員長代理が明恵夫人と籠池理事長・妻淳子女史のメールを調査し、明らかにしたことである。

 一部報道には明らかにしたようで、これを詳細に読めば上の二に書いた喚問の理由が無いことは明らかであろう。また、詐欺師で性格破綻がある藪池理事長が語った100万円寄付と10万円の謝礼が嘘であることが解かる。

 五つには、明恵夫人の付け人の経済産業省職員の谷査恵子女史とファックスの問題ですが、籠池理事長は切り札のように持ち出してきたが、付け人、谷査恵子女史に送った陳情書への返答であるのだろう。安部総理も結果ゼロの陳情(介入)否定だ、と説明している。

 最後だが、籠池理事長の妻淳子女史のメールには、「検察が乗り出した」云々の文章もあり、犯罪が成立するものは確実に捜査することとして可能な限り早く「籠池劇場」には幕を下ろして欲しい。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「あゝとにあつく!森友学園問題、籠池理事長他をめぐる本質(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)」...
「あゝとにあつく!森友学園問題、籠池理事長他をめぐる本質(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)」について あゝとにあつく!森友学園問題、籠池理事長他をめぐる本質(考察シリーズ、ツイッター風ブログ) ...続きを見る
あゝとにあつく!
2017/03/25 10:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとにあつく!森友学園問題、籠池理事長他をめぐる本質(考察シリーズ、ツイッター風ブログ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる