あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとにあつく!日本人と朝鮮民族、無意味な反発(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

<<   作成日時 : 2017/02/04 06:01   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

あゝとにあつく!日本人と朝鮮民族、無意味な反発(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

 昨日(2月3日)の産経紙には不思議に「日韓正常化」に関する記事が集まった。

○超党派の日韓議員連盟の額賀会長(元財務相、自民党)が、韓国釜山、日本総領事館前の慰安婦像を韓国政府は責任を持って撤去すべきである。議員連盟としても韓国政府に要求する、旨述べた、と伝えた。

 また、額賀会長は在日本大韓民国財団(民団)の新年会に1月12日に出席し、日本の在韓大使を帰国にさせているが、このことについては「国と国との約束は守っていただく」とのメッセージだ、と柔らかく、述べているが、記事は1歩前に踏み出したのだ、としている。

○産経抄氏は、大統領候補から引き下がった藩基文前国連事務総長が、日米欧の首脳が軒並み欠席した中国の抗日戦争勝利70年記念行事に出席し、中立的でない、と批判された旨書いている。

 なお、産経抄氏は触れていないが、慰安婦問題で日本が理由も無く10億円出して、不加逆的に蒸し返さないとしたが、その10億円も返して振り出しに戻すとしていたのである。彼には国連事務総長としての慰安婦問題は巨大な虚構であることを理解する常識は無いのである。

 国連のクマスワラミ報告も彼の差し金の可能性がある。

○主張では、来年度から利用する韓国国定教科書には、旧日本軍が慰安婦を集団殺害した、とする荒唐無稽な記述を、今更ながら、盛り込んでいる等と指摘している。なお、ここではクマスワラミ報告に触れてくれている。

 何故、執念深く上のようなことになるのであろうか。

○残念ながら、韓国には「明治維新」がなく旧態依然の李氏朝鮮が居座っていたことが大きな原因であろう。

○ユーラシア大陸と地続きで、漢、満州、モンゴル及びロシア民族に囲まれ戦々恐々として暮らした地勢的な宿命が色濃く影を落としているのであろう。

○「仏教文化」は朝鮮半島を通じて伝播し、任那日本府も置かれ,多くの「朝鮮民族」が渡来して日本人と融合した甘えの構造があるのであろう。

○台湾と同様に日本の殖民地となって北朝鮮での工業化やインフラ整備は台湾と同様であったが、上の事情と相俟って歪んだ被虐の色に染まってしまったのであろう。

 なにはともあれ、日本と朝鮮とは手の届くような地勢的な位置関係にあるのである。殊更、波風を立てる必要は一切なく仲良くしたらよいのである。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)



 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「あゝとにあつく!日本人と朝鮮民族、無意味な反発(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)」について
「あゝとにあつく!日本人と朝鮮民族、無意味な反発(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)」について あゝとにあつく!日本人と朝鮮民族、無意味な反発(考察シリーズ、ツイッター風ブログ) ...続きを見る
あゝとにあつく!
2017/02/04 06:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとにあつく!日本人と朝鮮民族、無意味な反発(考察シリーズ、ツイッター風ブログ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる