あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとにあつく!北朝鮮のロケット発射、金正男氏殺害(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

<<   作成日時 : 2017/02/16 14:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

あゝとにあつく!北朝鮮のロケット発射、金正男氏殺害(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

 韓国の報道によると,マレーシア当局からの要請があり金正男氏の指紋を送り、殺害されたのは本人と確認された、また、犯人の女性2名の身柄も確保している、とのことだ。2名の女性の犯人以外にも4人の支援要員がいた筈であるとの専門家の指摘もある。

 そして、今日の生誕記念日の祝賀会では金正恩首領様は一言も言葉は発しなかったようだが、放映された彼の表情の中には、何か、思いつめたようなものがあった。

 さて、ロケット発射と兄を抹殺したことには関連があり、日本の安部総理とアメリカのトランプ大統領との会談の機会を捉えた何らかのメッセージと観るのが、極(ごく)、自然な観測であろう。

 また、総理とトランプ大統領との会談の前には、マテス国防大臣が日本と朝鮮を訪問しているのである。

 金正恩首領様は自らを支えていた叔父まで抹殺し、以前から金正男氏についても殺害を指示していたようである。つまり、金正男氏は金正恩首領様にとっては最大の「潜在的な驚異」なのである。

 具体的に言えば、現在の特権階級にとっては、北朝鮮の体制保持のままの「首の据え替え」には最適の候補者だろうし、中国やソ連のような「緩やかな民主化(似非民主化)」に向けたトップとしても必要な人物であろう。

 上に書いた金正恩首領様の表情は、入り組んだそのような状況に対する複雑な思いを表したものであろう。

 さて、驚きであったが、余り報道はされていないが、金正男氏については複数の日本のメデイアが取材を続けていたようである。そして、正に、狂人のような金正恩首領様が支配する国家が現に日本の直近に存在するに至ったのである。

 その上、「拉致家族」の痛切な叫びがある。トランプ大統領の米国がどう動くか不明であるが、日本としてどう対処するのか相当な覚悟が必要である。

 場合によっては、米国や韓国が動くというのであれば、同じように動ける自衛隊の「特殊部隊」を養成しているのであろうか。法的検討も行っているのであろうか。

 だが、国の安全を確保するためには必要でるが、いささか心細い気もする。そして、上に書いたメディアの活動が、密かに、この事態に備えたものであるのであれば幸いなのであるが。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)
 

 





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「あゝとにあつく!北朝鮮のロケット発射、金正男氏殺害(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)」について
「あゝとにあつく!北朝鮮のロケット発射、金正男氏殺害(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)」について あゝとにあつく!北朝鮮のロケット発射、金正男氏殺害(考察シリーズ、ツイッター風ブログ) ...続きを見る
あゝとにあつく!
2017/02/16 15:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとにあつく!北朝鮮のロケット発射、金正男氏殺害(考察シリーズ、ツイッター風ブログ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる