あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとにあつく!相変わらずの野党、下らぬ発言を政争に使うな(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

<<   作成日時 : 2016/11/03 11:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

あゝとにあつく!相変わらずの野党、下らぬ発言を政争に使うな(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

 山本農水相は、何とも、人騒がせな人物である。こんな詰(つ)まらない人物の発言に、野党の民進党(蓮航代表)、共産党(志位委員長)、自由党(小沢代表)は合意していたTPPの採決をしない、山本農水相を辞めさせろ、とゴテているのである。

 従って、上の野党各党も山本農水相同様に、詰(つ)まらない、思慮が浅い、洞察力の無い、人物と同様に見なされるだろう。また、こんなことを政争に使ってはならないのだ。

 上のような彼に付いては、何処の選挙区か、面倒で調べる気もしないが、選挙民が次の投票で判断を下してくれるであろう。

 菅官房長官も適切でなく注意を与えたが、辞める必要はない、と語り、安部総理も辞める必要はないと語っているようである。

 <ご参考:山本農水相についての前の記事です>

あゝとにあつく!報道ステーションと山本農水大臣発言(交差シリーズ、ツイッター風ブログ)
<< 作成日時 : 2016/11/02 08:15

 昨夜(11月1日)の報道ステーションは、山本農水大臣の新発言「冗談を言ったら首が飛びそうになった」旨の発言を取り上げた。確認はしていないのだが、この前の発言の「強行採決の発言」について火をつけたのは報道ステーションであるに違いないのだ。

 この上の後段記事の仮定は、「TPP特別国会」の審議を遅らせ、山本農水大臣を謝罪させた。だが、彼の発言の真意は、「冗談というよりは、西川TPP委員会委員長に対する一種の景気づけ」であった、が正しい理解であろう。

 「品が無い」とこのブログで書いたが、山井民進党国対委員長の憮然とした顔を番組で流しながらの新発言の紹介は、偏向と併せ幼稚な罪作り番組である、と嘆息させられたのである。

〜〜〜〜〜〜〜〜

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとにあつく!相変わらずの野党、下らぬ発言を政争に使うな(考察シリーズ、ツイッター風ブログ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる