あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとにあつく!保守派の論客、奥野誠亮氏の死去を悼む(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

<<   作成日時 : 2016/11/18 09:37   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

あゝとにあつく!保守派の論客、奥野誠亮氏の死去を悼む(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

 生き証人である貴重な人物が次々と平成の時代に入ってから日本から去っていく。奥野誠亮氏は大東亜戦争中に内務省の官僚となり、押し付け憲法を作った連合軍司令部(GHQ)、マッカーサー司令官と渡り合った人物です。

 そして、政治家となり「田中内閣」では文部大臣も務め、「大東亜戦争は間違っていなかった」旨発言した人物でもあるのです。

 今日(11月18日)7時から、安部総理はトランプ米国次期大統領と会談しているが、未だやっているだろうか。そして、「日本を普通の国にする」が安部総理の基本的な政治信念の一つであろう。

 一昔前に、上のことの「うねり」が立ち上がっことがあった。例えば、高名な作家の林房雄氏の大東亜戦争肯定論(後に続編)がベストセラーになり、三島由紀夫氏の防衛庁での自死もあった。

 それが、何故か立ち消えになったのである。恐らく、コミンテルンの支援を受け左翼からの強力な巻き返しがあり、「普通の国」になることについて蓋をしてしまったのである。安部内閣がやっと手を付けたが、未だ、未完で途についたところである。

 そして、残念ながら今の日本にも、共産党や社民党、民進党の一部などにその残滓が色濃くまとわり付いているのである。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとにあつく!保守派の論客、奥野誠亮氏の死去を悼む(考察シリーズ、ツイッター風ブログ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる