あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとにあつく!福岡6区と東京5区補欠選挙、二階幹事長の見事な裁き(ツイッター風bウログ)

<<   作成日時 : 2016/10/12 07:21   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

あゝとにあつく!福岡6区と東京5区補欠選挙、二階幹事長の見事な裁き(ツイッター風bウログ)

 昨日(10月11日)、福岡6区と東京5区補欠選挙が開始された。選挙での自民党の候補者だが、東京は小池東京都知事を応援した若狭氏が比例区から衆議院の小選挙区に鞍替えし、自民党推薦で立候補した。

 ただ、若狭氏は自民党の公募(こうぼ)に応じたに過ぎない。また、若狭氏は都知事選から選挙活動をしていた、と言って良いだろう。

 流石に、疑惑容疑が考えられるボスの存在する「都議連」からは強引に推薦候補を出すことも出来ず、必然的に党の推薦候補になったのである。公募(こうぼ)とした見事な二階幹事長の采配があったのだ。

 そして、二階幹事長は「都議連」の応援禁止の処分については、恐らく、「都議連」と「党本部」とを区別したのだろう、処分などむやみにするものではない、旨語り、出頭した若狭氏には口頭処分としたのである。

 福岡6区は急死された鳩山邦(くに)夫議員の補欠選挙である。本人も語ったようだが、兎角、大事な人の方が急析(きゅうせき)してしまうのである。ともあれ、鳩山邦夫氏の次男である鳩山二郎氏が福岡県大川市長から、当然、立候補した。

 ところが、「福岡県連」は、福岡支部連合会長の蔵内氏の子息である蔵内謙氏を公認申請したのである。鳩山邦夫氏は自民党を離党して復党した過去はあるが、常識的には、鳩山邦夫氏の次男である鳩山二郎が後を継ぐのが「日本の政治」の流れであろう。

 そして、二階幹事長は両者に公認を出さず、産経紙などは後にしこりを残すなどと書いているが、真に、日本的な采配をしたのである。

 故鳩山氏はきさらぎ会を主催していたこともあり、鳩山二郎氏には小池都知事や関係議員などが応援に駆けつけ、蔵内謙氏には麻生副総裁、古賀氏など自民党のそうそうたるメンバーが応援しているようだ。

 民進党は外務官僚の新井登美子氏(共産党などとの連合候補)を立てており、三つ巴の戦いである。読みに間違いは無いだろうが、「二階采配」がどうなるか見ものである。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとにあつく!福岡6区と東京5区補欠選挙、二階幹事長の見事な裁き(ツイッター風bウログ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる