あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとにあつく!天皇陛下の「生前退位」について「朝生」がやっている(考察シリーズツイッター風ブログ)

<<   作成日時 : 2016/10/01 03:14   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

あゝとにあつく!天皇陛下の「生前退位」について「朝生」がやっている(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

 ご存知のように「朝生」の司会は田原総一郎氏だ。いつも彼は、今上天皇に触れる場合は、陛下との尊称を付けなければならないのに、天皇、天皇と呼び捨てにする。

 また、彼は、本質的には朝日系の左翼であるのに、今、それが忘れられている。そして、彼には真の教養は無く、世の中の動きを見て変わり身も早いのであろう。

 番組では田原氏と同様に呼び捨てにする者も居て、喋っている内容も幼稚な内容が多い。私の意見は下の通りである。

○天皇陛下は政治に関わらないことが原則であるが、「今回の発言」は国事行為ではなく、それに抵触する恐れがある。だが、止むを得ない「緊急非難」である。「ちょっと出し」が有ったのに政治が怠慢であったのである。

○今まで何もしないで、天皇陛下のお言葉を聞いた後であるのに、「政治の形式(慎重を装い)」国民の合意を得るのだと、安部総理も言うが、日本維新の会の共同代表の片山氏がこの国会で質問したように、政治は可能な限り早くご意向に沿うべきだ。

 天皇陛下の活動のニュースが流れる度に、大丈夫だろうかと、恐れ多いが、私は心が痛むのである。

○国という外枠が地球から無くならない限り、「皇室」は、大事な日本の文化であり、そのための不自由なり束縛は皇室と国民に課せられているのである。皇族は天皇陛下のように、そのあり方を可能な限り勤め、国民は出来る限りそのことを尊重すべきなのである。

 番組を観ながら書いていたが、最後まで観る気がしないので、以上で番組にはおさらばする。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとにあつく!天皇陛下の「生前退位」について「朝生」がやっている(考察シリーズツイッター風ブログ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる