あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとにあつく!民進党代表戦、三候補の分析と評価について書く(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

<<   作成日時 : 2016/09/06 19:17   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

あゝとにあつく!民進党代表戦、三候補の分析と評価について書く(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

 先ず、蓮航(れんほう・ぽう)女史だが、確か、2、3度記事にした。恐れ多く大変失礼だが、「人間が駄目だ」旨書いた。先の日曜日のNHKの日曜討論でも、笑っているが、実は、そうではなく、モデル当時の笑顔を作っているだけなのである。

 時には、油断無く目を左右にすることも気に掛かった。

 次は、民主党当時の代表・外相の前原誠司氏だが、貫禄が違う。

 こちらは、9月5日の産経紙からだが、蓮航(れんほう・ぽう)女史は共産党との連携に含みを待たせたが、前原氏は「野党共闘ありきとの岡田路線はリセットすべきだ」と言い切っている。

 さすが、自身を戦犯等と古めかしいことを言っているが、成熟した大人の政治家との雰囲気を感ずるのである。

 三人目の玉木雄一郎国対副委員長であるが、東大・ハーバート、ケネデイスクール出身の大蔵省・財務官僚出らしく、鋭い閃きは感ずる。だが、これからである、と思う。

 男性と二人と女性一名との区分から観て、また、民進党の代表選出要領は調べないが、冒頭に書いた理由からも、出来るだけ「前原票」を食わないよう注意して欲しいのです。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとにあつく!民進党代表戦、三候補の分析と評価について書く(考察シリーズ、ツイッター風ブログ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる