あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとにあつく!参議院選挙の明確な構図について、産経紙、酒井充記者(考察シリーズ、ツィター風ブログ)

<<   作成日時 : 2016/06/23 17:09   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

あゝとにあつく!参議院選挙の明確な構図について、産経紙、酒井充記者(考察シリーズ、ツィター風ブログ)

 ここ、ニ、三日は選挙報道が多くいささかうんざりしていた。やっとすっきりする報道(記事)に出会ったので以下に紹介します。

○産経紙、酒井充記者は、選挙初日(6月22日)の各党首の街頭演説(全ての党首のことではない)から今回の戦いの本質がくっきりと見て取れる、とする。

○安部総理、無責任な共産党と民進党に託すのか、日本人の命を守るため責任を持ってきた自民党と公明党に託すのかそれを決める選挙だ。

○岡田民進党代表、参院議席の3分の2を(与党などに)許せば必ず憲法改正をやってくる。こういう道に踏み込ませてはならない。

○安部総理、野党は口を開けばアベノミクスは失敗したそればかりだ、共産党は、自衛隊は将来解散する、と言っているこんな無責任な人たちに子供の将来を託すことは出来ない。

○公明党山口代表、共産党は自衛隊は憲法違反だというが、災害派遣や武力攻撃には自衛権を発動すると平気で述べている。(「民共」は立憲主義の回復を言うが、こちらの方が)立憲主義に違反している。

○共産党志位委員長、あの自公に「野合」なんていわれたくない。安部暴走政治にノーの審判を下す。

○岡田民進党代表、安部暴走政治を止め、政治の流れを変える。(与党の改選議員の過半数の確保を)打ち砕くのが目標だ。

 最後に、産経紙、酒井充記者の分析だが、自公VS民共の舌戦で幕を開けた参院選は、政策としてはアベノミクスの実績と継続を訴える自公と経済政策の転換や憲法改正阻止を訴える民共との構図だ、とする。

 そして、民進党岡田代表は野党統一候補として擁立した山梨県の民進党候補について統一候補であることに触れず、野党共闘との表現も使わなかったが、共産党志位委員長は、野党各党がそれぞれ候補者を立てた東京での第一声であったが、その3割以上について野党共闘の意義などに費やした、としている。

 (終わります、ご機嫌よう、さようなら)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとにあつく!参議院選挙の明確な構図について、産経紙、酒井充記者(考察シリーズ、ツィター風ブログ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる