あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとにあつく!困ったアメリカ大統領候補トランプ氏その2(考察シリーズ、ツィター風ブログ)

<<   作成日時 : 2016/05/07 07:47   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

あゝとにあつく!困ったアメリカ大統領候補トランプ氏その2(考察シリーズ、ツィター風ブログ)

 5月4日にアメリカ共和党の大統領候補トランプ氏が米CNNのインタビューに答え、「日本は米軍駐留費の全額を払え、応じなければ在日米軍の撤収を検討する」、「日本は核武装してもよい」及び「日本は自動車で儲けてけているので、米国は債務国だ、アメリカは日本に補助金は出せない」旨語ったようだ。日、韓及びドイツについて同様の発言をしたそうだ。

 さらに、「日韓が米国の面倒を見ないなら、私達には、世界の軍人、警察官である余裕はない」と強調したそうである。ここでは、米国の駐留費用が幾らになり、日本が幾ら負担しているかは調べないが、大まかな計算では、日本の方が返ってアメリカより負担しているように思う。

 なお、上の主張のようにアメリカの負担が大きすぎるということに仮定すれば、氏の発言には、一見、合理性はある。アメリカの在韓米軍のブルックス司令官は韓国では50%が米軍の負担だと語ったようである。

 共和党では、今では、トランプ氏が大統領候補になることは確定的で、主流派の大物達が相次いで党大会に出席しないと表明しているとも報道されている。近く、共和党を結束させる話し合いも行われるようである。

 ところで、トランプ氏はアメリカの不動産王だそうだが、為替、金融などの投資活動は行っているのであろうか、案外、土地、建物などの「実物投資」だけかも知れない。 失礼だが、彼の主張は教養の無い、硬直した発言ばかりであるような気がするのだ。

 つまり、敷衍すると、トランプ氏は日本や韓国にアメリカ軍が駐留することは「アメリカにとっても利益である」との柔軟な思考が出来ない人物であるとの意味である。

 下の記事は、トランプ氏について5月5日にこのブログに書いた記事ですが、未だお読みでない読者は、「その1」としてご覧下さい。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あゝとにあつく!アメリカ共和党のトランプ大統領候補、指名の本質、考察シリーズ、ツィター風ブログ)
<< 作成日時 : 2016/05/05 10:40 >>

 共和党でのトランプ氏の大統領候補の指名が確実になったようだ。言うならば、共和党は保守で民主党は左翼と言ってよいであろう。民主党大統領候補のサンダー氏は民主社会主義者と言われている。

 トランプ氏はアメリカ国民の知的エンターテイナーと言ってよいであろう。流石、一代で不動産王と言われた男である。「本音・爆弾発言」などから日米同盟を危惧する見方もある。

 前に、このブログの記事でトランプ氏の大統領候補の優勢について、「アメリカ国民はこの程度」なのであると書いた。国土も広大で資源も豊富、自己完結性を持った国家である。日本ブームも少しは浸透しているだろうが、日本のような小回りや気配りの出来ない国なのである。

 最近、彼は変わったと伝えられている。トランプ氏が大統領になる可能性は少ないとも言われている。だが、彼の本音を見極めておく必要を忘れてはならいのである。

 そして、栄光のレインボー会、不肖今唐加太朗の持論だが、大東亜戦争はアメリカに仕掛けられた戦争であり、原爆投下も不必要なものであった。とは言え、アメリカを友邦としてこのまま保持していくことは基本的な国策として今後も堅持する必要があるのである。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 さて、最後のお願いだが、彼がアメリカの大統領にならないにしても共和党の大統領候補になった人物として存在感は大きなものとなるであろう、外務省は、「日本の不動産王」を接触させる等して必要な説明も行い、手抜かりのないようにお願いします。

 (終ります、ご機嫌よう、さようなら)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとにあつく!困ったアメリカ大統領候補トランプ氏その2(考察シリーズ、ツィター風ブログ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる