あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとにあつく!世界の中では日本は、未だ金融大国であるようだ(考察シリーズ、ツィター風ブログ)

<<   作成日時 : 2016/05/12 03:54   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

あゝとにあつく!世界の中では日本は、未だ金融大国で有るようだ(考察シリーズ、ツィター風ブログ)

 最近は年寄りになり、耄碌(もうろく)が始まったためか現役時代の夢を見て、穴に入りたいような気持ちになったり、多くの先輩などにお世話になって「今の時代」を無事に過ごしているのだと気付き、感謝に耐えない気持ちになったりする。

 昨夜の夢はこのブログの記事で大きな嘘を書き、黙ったまま謝りもしないとのもので、今、午前2時30分ですが、起き出して来てこの記事を書いていて、何だろうと最初は気になっていたのだが、夢であることに気付いて安心をしています。

 さて、夢と言えばフロイドの夢分析が有名で、願望・連想の実現・解消であったり、棒や穴の夢は性に関係があるなどの内容で、ほとんどは忘れてしまったが、非常にびっくりした記憶があります。

 当時は橋から良く落ちて、もがく夢を見たのでひよっとすると自殺願望か、何か悪いことをしていたのに違い有りません。

 さて、今、「パナマ文書」が大きな話題になっていて、連日、報道もされています。前に、このブログで記事にも書き公表の端緒になった国際報道ジャーナリスト連合、ICIJをICJJに訂正した記憶があったので、冒頭のブログでの嘘の夢の話はここからの連想であるかも知れません。

 日本人や企業は数が少ないようになっていますが、ところが、世界の主要中央銀行の総本山、国債決済銀行(BIS)の統計によると法人が帳簿中での外国籍となるオフショア地域、つまり、タックスヘイブン(税金逃れ)と同一では、日本は世界最大のシェア約25パーセントあるというのである。実際の金額では7400億ドル・80兆円あるようである。

 ソフトバンク、楽天の社長がインタビューを受けており、ソフトバンクの孫社長の「ものの言い方」が微妙であったが、つまり、「当たり前的なニュアンスで訂正するならする風」であったが、その言い分は、日本は法人税が高いので当たり前だ、と言いいたいのであろう。

 流石、利益・利潤第一(前にブログに書いた)の孫社長である。お見事と書いておこう。失礼だが、言いたいことは日本人と感覚が違う、と栄光のレインボー会、不肖今唐加太朗は言いたいのです。

 さて、「人の悪口」を書いてしまったので、また、夢に見てうなされたら困るので終りますが、国際報道ジャーナリスト連合(ICIJ)の公表では、中国に所在する企業がダントツの1番で約3万弱、香港が約2万で2番となっている。併(あわ)せればタックスヘイブン(税金逃れ)の企業は凄い数である。

 また、習主席の親族も名前が挙がっており、ネットと報道の「厳しい規制」をしているそうですが、日本に歴史戦を仕掛ける前に、中国人民に富を分け与えよ、と書いておきます。

 (終わり、ご機嫌よう、さようなら)

 

 
 
 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとにあつく!世界の中では日本は、未だ金融大国であるようだ(考察シリーズ、ツィター風ブログ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる