あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとにあつく!民進党の幼稚さ、ツィター炎上で記事取り消し(考察シリーズ、ツィター風ブログ)

<<   作成日時 : 2016/04/17 14:22   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

あゝとにあつく!民進党の幼稚さ、ツィター炎上で記事取り消し(考察シリーズ、ツィター風ブログ)

 党公式のツィターに、一般人(自民党支持者?)が4月15日午前1時20分ごろ、今回の熊本地震の民進党の対応について、自民党が野党であった東日本大震災のときのように「(政略にしない、今唐)対応を望みます」と書き込んだそうだ。

 ところが、「それは駄目でしょうね」と書き込み、菅元総理の東電の対応などに対する妨害をさて置き、一部の自民党議員がいらぬデマを流した。と反論したそうだ。その上、根拠も示さず自民党を揶揄(やゆ)し続けたそうである。

 だが、記事は党職員が個人的見解を書き込んだものだとして約2時間後に削除したそうなのである。

 岡田代表は「どうして起きたのか検証しなければならない」旨語ったが謝罪はしなかったそうである。4月16日の産経紙が伝えたのである。岡田代表の謝罪は、兎も角、「検証」結果は是非とも公表してほしいものである。

 これは、栄光のレインボー会、不肖今唐加太朗の推測だが、やり取りについては2時間前であるから、削除してしまえと民進党の誰かが判断したのであろう。だが、産経紙はATやITについては進んでいるのである。どうやら、IAの翻訳を使っているようだし、5、60年前から記者さん達が、唯1社、「端末用の機器」を使っていた記憶があります。

 下の記事はこのブログに4月6日搭載したものですが、民進党が大人の政党に脱皮することを祈念しつつ、まだお読みでない読者はご参考にしてください。 

 あゝとにあつく!民進党山井和則議員いい加減にしろ(考察シリーズ、ツィター風ブログ)
 
 政府から提出されたTPPの「折衝経過のペーパー」、実は、大部分が黒塗りされているのであるが、それを民進党国体委員長の山井和則議員が、これ見よがしにかざしつつ、「こんなことでは国会で満足な議論が出来ない」旨語っていたが、彼の強引な一方的な言い方に腹が立ったのでこの記事を書くことにした。

 実は、TPPの交渉の内容は、秘密にする、との「申し合わせ」があることは彼も承知しているのである。であるのに、一方的な言い方は彼の人間性、品性の欠如を如実に示すものなのである。また、国会での彼の質問を聞いているとその強引さには何時も人格高潔な不肖今唐は腹が立ってくるのである。

 そして、このことに触れないBSNHK、ニュースの番組責任者も、品性を欠く民新党山井和則議員の国民へのプロパガンダに肩を貸すことになることを銘記せよ。(記事終わり)

 http://39383054.at.webry.info/201604/article_7.html

 (終ります、ご機嫌よう、さようなら)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとにあつく!民進党の幼稚さ、ツィター炎上で記事取り消し(考察シリーズ、ツィター風ブログ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる