あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS 北朝鮮への制裁、日本は責任を果たせるのか(考察シリーズ)

<<   作成日時 : 2016/01/08 04:09   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

北朝鮮への制裁、日本は責任を果たせるのか(考察シリーズ)

 日本はアメリカと共に「安保理」に北朝鮮の核実験の制裁について提訴したが、その責任を果たせるのか、甚だ疑問がある。

 結論を先に書くが、日本には在日朝鮮人が多数居住しており、「北朝鮮」寄りの「朝総連」という組織が存在する。安部総理は、必要な立法措置などを始めとし、不退転の決意を持って、望んでほしいのだ。

 また、既に、これまでの3回の核実験によって、北朝鮮に対する安保理での制裁決議があり、それについて日本が、完全に儀務を履行しているかどうか疑問もある。

 ついては、1月7日の産経紙がまとめてくれているので下にそれを紹介します。


○2006年
・核兵器関連物資及びぜいたく品の禁輸
・大量破壊兵器の開発に関与した個人や団体の資産凍結と渡航禁止

○2009年
・禁輸物資運搬が疑われる船舶への貨物検査の強化
・人道目的以外の支援と融資の停止

○2013年
・貨物検査の義務化
・更なる実験には「重大な措置」と警告

 とあり、今年(2016年)の安保理の決議には上記以外の「重大な措置」が盛り込まれるのであろう。また、金正恩第一書記の野放図な遵法意識を欠く人物に対処していく日本は国を挙げての覚悟が必要となるであろう。

 (終わります、御機嫌よう、さようなら)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北朝鮮への制裁、日本は責任を果たせるのか(考察シリーズ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる