あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成26年を振り返って、その1(考察シリーズ)

<<   作成日時 : 2015/12/30 10:56   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

平成26年を振り返って、その1(考察シリーズ)

 このブログの基本的なテーマであるが、一つは、大東亜戦争は、「帝国主義時代」の中で行なわれた防衛戦争であったということである。習近平体制が民主化に踏み出さない限り、中国は共産党の独裁を保つために歴史戦を仕掛け続けるであろう。

 二つには、一にも密接に関連するが、帝国主義の時代とは「切り取り自由の時代」であったということである。香港(イギリス)やマカオ(ポルトガル)にも、習近平は歴史戦を仕掛けねばならないのである。非情な言い方をするが、恨むなら清王朝を恨まねばならないのである。お門違いも華々しい。

 三つ、このブログで何回も書いているが、憲法9条はどんどん、パチパチと「正義の戦争(防衛戦争)」は、可能であるのだ。日本と太平洋で戦ったアメリカのマッカーサー元帥でもアメリカ大統領になる可能性が無くなると、被虐史観を日本人植えつけていながら、日本の大東亜戦争は防衛戦争であった、と米議会で証言しているのである。

 未だに、憲法学者は今回の「安全防衛法制」などは違憲だというが、一部に、GHQ下における先達の苦労を勉強して、見直しの動きがあるが、未だ未だ、正しい認識を深める必要がある。

 四つ、安部総理は少し情けないところもあるのだが「安全防衛法制」を始めとして、「普通の国」に日本を向かわせているが引き続き進展させる必要がある。

 (その1、終わります。御機嫌よう。さようなら)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
平成26年を振り返って、その1(考察シリーズ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる