あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとに熱く!国宝、重要文化財などの行え不明、中国人が盗んだか(考察シリーズ)

<<   作成日時 : 2013/11/02 11:03   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 国宝、重要文化財などの行え不明、中国人が盗んだか(考察シリーズ)

 重要文化財などの行え不明について、確か、クローッズアップ現代であったと思うが放映してくれた。今、76点の所在がわからないそうだ。とりあえずナイスを番組に送ろう。

 一度、少し前にクローッズアップ現代は最近見る気がしなくなった、と記事に書いたが、急に、最近見ごたえが出てきた。

 「特殊取材班」?が前からあったのかどうかは知らないが、それが取材したと番組で触れていたが、前からあったとすれば、責任者の入れ替えがあったのであろう。

 さて、番組の感想の一つ、国宝、重要文化財は所有権が変わった場合は文化庁に届けることが必要であるそうだ。貴重な仏像であるが、番組で確か2、3年前であるが、所有権が変わったと届け出たところ、省有権の移転は認めない、と断られたそうだ。

 断った理由は胡散臭いから認めなかったのであろう。胡散臭い理由には盗まれたとの疑問符はなかったのであろうか。つまり、警察に連絡したか、ということである。また取材班も確認すべきだが、そうしていないのであろう、番組のキャスターの国谷裕子(くにやひろこ)女史も触れなかった。全く、バカ見たいな話である。

 「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」は、このような人物を「デジタル人間」と称している。一見賢そうであるがバカな人間を云うのである。

 二つ目だが、広い中国だが、上のような貴重品を扱う美術オークション会社が30数社あるそうである。直接に買いに来るブローカーも居るそうである。中国はよっぽどの格差社会になってしまったのであろう。万、100万のお話では無いのである。億、何百億の話なのである。

 上のような状況であれば、中国から「盗賊グループ」が入っていることは、当然、予想される。警察の方は大丈夫であろうか、最近の警察を見ていると心配になる。

 文化庁も腰を締めなおす必要がある。番組でお寺の和尚さんが、寺が苦しくなるとどうしても手放してしまう。と深刻そうに話していたが、ところが、どっこい、文化庁による買い取り制度、があるそうである。

 国宝、重要文化財などの日本の財宝を持っている和尚さんがこのことを知らないのである。一体、どうなっているのだ。文化庁も確りする必要があるのだ。

 (この項おわり)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとに熱く!国宝、重要文化財などの行え不明、中国人が盗んだか(考察シリーズ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる