あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとに熱く!これも、単細胞の鳥越俊太郎氏だ(考察シリーズ)

<<   作成日時 : 2013/10/29 22:22   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 これも、単細胞の鳥越俊太郎氏だ(考察シリーズ)

 昨夜(10月28日)は我が贔屓のBSフジ、プライムニューを見たが、ゲストは中谷元衆議院「国家安全保障に関する特別委員会」与党筆頭理事にして自由民主党副幹事長、後藤祐一民主党政策調査会副会長と鳥越俊太郎ジャーナリストで久しぶりの鳥越氏であった。

 テーマは『検証・秘密保護法案、どう守る知る権利、どう防ぐ取材萎縮』、であった。

 実は、氏が報道ステーション(テレビ朝日)金曜コメンテーターに出演している頃は「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」がブログを始めたころで、仇敵竹中教授と同様の人物であった。癌騒ぎの頃だろうか地デジから姿を消し、今は地デジではなくBSの方でごそごそ医療関係番組も持っているようである。

 そして、一番の彼にたいして仇敵たる理由は、癌になった時、「たかが癌になったくらいで大騒ぎするな、人間はいつかは死ぬのだ」、との感想を思ったのである。つまり、娘さん二人をテレビに出して大騒ぎしたことがあったのである。もっとも、これは娘さんを芸能関係か、テレビ関係の仕事に就けるつもりかも知れない、との疑念があったが。

 今、ウイキペデアで調べると次女のさやかさんは歌手になっているようである。また、ついでだが、下のような良いことも言っているので紹介しておきます。また、彼は九州築後のぼんぼんで京大卒業後毎日新聞にも入社している。

 ○ 2008年7月、頻発する無差別殺傷事件について、「日本の社会格差が広がり、ワーキングプアが増えている。小泉構造改革の名の下に進められた変化が、こういう犯罪を産み出していると思えてならない」という見解を示した[14]。

 〜〜〜〜

 今、良いことも言っていると書いたが、だが、良く考えてみると、このコメントも単細胞的である。「無差別殺人事件」などは確かに格差、派遣社会も要因の一つであろうが、もっと複雑な要因がある筈である。

 さて本論であるが、一つ、大東亜戦争に対する考え方が、アメリカが意図した被虐史観そのものであること。二つは、TVをなめており、反対のための反対との発言、意向が強かった。

 不肖、今唐であれば、「TVでバカを言うな、世論を惑わすな」、と怒鳴り上げるが、さすが自民党の中谷氏は丁寧に一つ一つ答えていたのである。

 以上抽象的でありますが終わります。

 ご不審の読者は「動画」をご覧下さい。BSフジは2時間全部を流しているのかどうか確認していないが動画も良いのだが、当たり前だが「速読」出来ないのである。

 暇な読者は上のことの具体的内容については、どうぞご確認して下さい。

 (この項終わり)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとに熱く!これも、単細胞の鳥越俊太郎氏だ(考察シリーズ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる