あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとに熱く!秘密保護法案は当たり前、「明確なスパイ防止法案」を作れ(考察シリーズ)

<<   作成日時 : 2013/10/19 12:54   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

 秘密保護法案は当たり前、「明確なスパイ防止法案」を作れ(考察シリーズ)

 秘密保護法案については、個人の知る権利、報道の自由が阻害されるなどと公明の横槍がはいったが何とか成立しそうである。個人の知る権利とはなんであろうか、政府に都合の悪い情報が隠されるというが、乱暴な言い方であるが、それで良いではないか、そのための秘密保護法案であるのだ。

 「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」の持論は、日本人の民度が落ちた、が持論である。そんな国民が何を知りたいと云うのであろうか、国家の秘密を知ってどうしようとするのであろうか。バッかじゃなかろうか、と考える。

 報道の自由が阻害されるというが、これもどういうことであろうか。また、秘密の範囲については裁判所が審査するし、金髪でない馬鹿な豚野郎のメデイアである、国の秘密を盗んで中国に渡そうと云うのであろうか、まったくの言いがかりである。

 最近(10月19日、7チャンネル、大阪、「週間N新書」、では、「めったやたらに逮捕されるそうである。滅茶苦茶な人田原総一朗氏」、番組には自民党の町村さんが出ていて丁寧な説明をしていたが、田原氏の申し立てはこれも言いがかりである、といって良い。

 さて次は、「明確なスパイ防止法案」を作るべきである。こちらの法は諸外国と同様に10年ではなく最高刑は死刑である。日本はスパイ天国と言われる、その通りで、企業秘密などはじゃじゃ漏れといって良い。

 これは、不肖、今唐の推測であるが、最近、上げた北朝鮮のロケットの「発射制御室」の絵が流れて、それはパソコンが2、3台が据えられているチャチな絵であった。それで、これは「発射制御室」を秘密にするための絵であると考えていたのであるが、その後で上げた日本の打ち上げた、新型ロケット 「イプシロン」であるが、従来の「発射制御室」のような大げさな装置でなく、パソコンだけでいけるそうではないか。

 不肖、今唐は、これは北朝鮮に技術を盗まれたな、と考えたのである。

 従って、結論ですすが、日本も保護法案でバカなことを言う、公明党やその他は無視して、つまり相手にせず、「明確なスパイ防止法案」を作れである。

 <ご参考>
○ jmwjow38のAA日記
 「技術は中国に全公開する」 高島・福岡市長の馬鹿さ加減!
  http://d.hatena.ne.jp/jmwjow38/20120706/1341523155

 (この項おわり)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
モンブラン 神戸
あゝとに熱く!秘密保護法案は当たり前、「明確なスパイ防止法案」を作れ(考察シリーズ) あゝとにあつく!/ウェブリブログ ...続きを見る
モンブラン 神戸
2013/11/25 00:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとに熱く!秘密保護法案は当たり前、「明確なスパイ防止法案」を作れ(考察シリーズ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる