あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとに熱く!韓国の魚類輸入禁止のバカらしさ(考察シリーズ)

<<   作成日時 : 2013/09/07 06:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 韓国の魚類輸入禁止のバカらしさ(考察シリーズ)

 何故そうなったか、ここ、二、三日考えた。第一は日本メデイアのネガテイブな非生産的、つまり、隣の国の韓国の、菅官房長官が語るようなバカらしい非科学的な輸入禁止に繋がるような、報道が上げられるであえろう。その代表として、失礼を承知でNHKの水野解説委員について、昨日、記事を書いた。

 ○ 染水タンク、放射能もれ、不注意な解説は止めて欲しい(考察シリーズ)
  << 作成日時 : 2013/09/06 06:21
 http://39383054.at.webry.info/201309/article_5.html

 〜〜〜〜〜

 次は、在日の韓国人記者の、日本のメデイアの報道に踊らされた発信があるのであろう。そして、ひょっとすると、韓国にも原発があるので、「トリチウム」、は垂れ流しているかも知れないのだが。

 また、最初は政治的な意図による、例のうんざりする反日キャンペーンの一つかも知れないと考えていたが、NHKBS海外ニュースに登場した韓国当局者の深刻そうで真面目な顔を見て、反日の意図もあるかもしれないが、その裏には韓国産魚貝類の販売不振があるのであろうと考えた。

 日本人は放射能恐怖症候症に陥っているのであるが、韓国にも同様の人々が存在しているのであろう。どうやら、韓国の少なくない人々は日本のBS放送をチェックしているかも知れない、と最近では考えている。韓国の大型スーパーでは日本の魚貝類は販売」しておりませんとの大きな断りを表示していたが、効果はないであろう。

 そして、残念だが、韓国当局者に放射能汚染水について、広い科学的知見があるのであろうか、韓国当局者の深刻そうで真面目な顔を見ての感想に過ぎないが、だが、そうであるとはとても思えないのだ。

 悔やまれるのは、「東電、そして、つまり福島第一の担当者の無責任体質」、である。未だお読みでない者は、下の記事もご覧下さい。

 さて、隠密裏での外務省や大使館による、汚染水漏れとその対策の真実について粘り強い説明が、当面は必要であろう。長期化すれば日本の漁業関係団体から補償しろとの声が上がるであろうし、本当に厄介な隣人だし、厄介な日本人でもある。

○ 放射能汚染水の水漏れ防止について(考察シリーズ)
  << 作成日時 : 2013/09/04 09:27 >>
 http://39383054.at.webry.info/201309/article_3.html

 〜〜〜〜

 (この項おわり)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとに熱く!韓国の魚類輸入禁止のバカらしさ(考察シリーズ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる