あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS 堺市長選、大阪府堺市民の政治意識の低さ(考察シリーズ)

<<   作成日時 : 2013/09/30 08:47   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

堺市長選、大阪府堺市民の政治意識の低さ(考察シリーズ)

 第一感は維新の西林氏の元気のなさ、竹山現市長の元気はあったが根拠の無い滅茶苦茶な訴えが政治意識の低い堺市民を捉えたのであろう。

 その上、維新と公明を除き既成政党の全てと言ってよい、言葉は違うが支持を受けた竹山現市長当選したが、元気はないといっても表層的な評価であって、西林氏も良く頑張った、と云えるであろう。

 元山梨県人にして大阪人になり切っている「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」は、堺市の市民もそうであるが、大阪の既成政党やそれを支えている大阪人も政治意識が低いと付け加えておこう。

 先ず、産経紙が伝える出口調査を見てみよう。一つには、 無党派層が被調査者のうち1,586人おり、その内で66,4パーセントが無茶苦茶な竹林氏支持し、大人しそうな西林氏は33,3パーセントである。

 この差は大きいと思う。堺市民の民度を問うておこう。

 また、維新以外の既成政党が投票者の7割以上をまとめて、自由投票とした公明党の支持者も7割が竹林氏に投票しているそうだ。公明党員、党の体質や7割との投票率から、内実は、無茶苦茶な竹林氏への投票を指示したのであろう。

 大阪都構想への参加については、反対が50、7パーセントで、賛成は45、2パーセントであったが、このうち賛成しながら、33、9パーセントのもの人が竹山現市長に投票して居るそうで、無茶苦茶な竹山氏以上に滅茶苦茶で堺市民の民度も問いたいと思う。

 また、橋下市長の施政支持は、60、6パーセントもあるのに、実際の投票では5万8千人の差があり両候補者の得票は150万?と140万?程度であるので、その差は大きいと言えるであろう。この辺にも堺市民の民度を問えるであろう。

 従って、滅茶苦茶な現市長を滅茶苦茶な堺市民が選んだ、が今回の選挙についての不肖今唐の結論である。下の記事をお読みでない読者は是非にも読んでみてください。

 <ご参考>

堺市長選挙、旧太陽の党の議員の皆さんにお願い(考察シリーズ)
<< 作成日時 : 2013/09/19 07:54 >>
http://39383054.at.webry.info/201309/article_19.html

 (この項終わり)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
堺市長選、大阪府堺市民の政治意識の低さ(考察シリーズ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる