あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとに熱く!終戦記念日での支那事変、日中戦争、侵略戦争のこと(考察シリーズ)

<<   作成日時 : 2013/08/13 10:06   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 終戦記念日での支那事変、日中戦争、侵略戦争のこと(考察シリーズ)

 期間としては、1930年(昭和5年)代から支那事変として開始されたが、その後うやむやなうちに、日本が大東亜戦争に敗れたことにより必然的に、事変は終結した。1978年(昭和53)年月12日、北京で日本国と中華人民共和国との間で条約を締結、また、この条約は一般に日中平和友好条約で知られる。

 ちなみに、中立条約があったのに勝手に攻め込んできたロシアとはこれからなのである。安倍さん頑張って下さいね。攻め込まれたままの常態で宙ぶらりんの実態なのである。これが、世界の現実なのである。今だって本質は変わっては居ないのだ。
 
 戻るが、当時、中国は内乱状態で、中国国内では第一次国共合作、国民党(蒋介石軍、台湾)と中国共産党軍(毛沢東、中国)とが、軍閥および北京政府に対抗する共同戦線を結んだ。

 国民党は1924年(大正13年)1月20日、広東で開催した第一次全国代表大会で、綱領に「連(携)ソ」「容共」「扶助工農」の方針を明示し、第一次国共合作が成立した。中国共産党員が個人として国民党に加入する党内合作の形式を取った。

 だが、その後、二者は離反して戦い、共産軍は長征(敗走、最終目的地となった延安では、毛沢東が延安の窑洞を拠点に抗日戦線の指揮を行ったとされるが・・)状態となった。

 日本は1935年(昭和10年)から中華民国と対峙する。1937年(昭和12年)9月から第二次国共合作があったが、1937年(昭和12年)12月には首都南京、1938年(昭和13年)には徐洲など華北、華中の主要都市は占領する。

 そんななかで、日本は、ヨーロッパに参戦したい米国大統領トルーマンの締め付けがあって(後述)、止むに止まれず、切羽詰って、やけっぱちで、どうにかなるやろうと、注:冗談ではない、真珠湾攻撃、英語:Attack on Pearl Harbor、日本時間1941年(昭和16年)12月8日未明、によって日米は開戦した。

 しかも、米国は日本の真珠湾攻撃を察知していた、との説もあるが、「開戦通告」は東京からは攻撃前通報するようになっていたが、意図的であるかどうかは不明だが、在米日本大使館からは攻撃後に通告された。

 もっとも、日本の暗号電報などは解読されていたと考えることの方が常識であろうが、意図的であれば、日本も相当のものだ。

 さて、支那事変、日中戦争、侵略戦争について、「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」は今のイスラム(北アフリカ)国の「騒乱」を思い起こすのである。モンロー主義の最中にあったが、米国大統領のトルーマンは、中国に対し何かと軍事援助を行なっていたのだ。

 注:モンロー主義(モンローしゅぎ、英: Monroe Doctrine)は、アメリカ合衆国がヨーロッパ諸国に対して、アメリカ大陸とヨーロッパ大陸間の相互不干渉を提唱したことを指すが、アメリカの孤立主義とも言う。

 また、歴史は繰り返すというが、今の、北朝鮮と同様に、日本に対しては、満州国、日本の持つ極東での権益の放棄や石油や食料などの禁輸による締め付けが行なわれたのである。

 戻るが、勿論、ロシア革命はなっていたが、帝政ロシアと同様にソ連は南下政策は国是として極東への進出を狙っている中での支那事変であって、もっとも、ソ連はヒットラーとの戦いでアップアップではあったが、蒋介石の視野はその辺にも及んだ中での国共合作ではあったのであろう。

 注:ロシア革命、 英: Russian Revolution)とは、1917年にロシア帝国で起きた2度の革命のことを指す名称である。特に史上初の社会主義国家樹立につながったことに重点を置く場合には、十月革命のことを意味している。革命も含めた長期の諸革命運動を意味する。また逆に、広義には1905年のロシア第一革命 注:日露戦争、1905年1月・・・・、を含む。

 さて、さて、そろ、そろ、この記事の結論だが、一つは、題名を支那事変、日中戦争、侵略戦争としたのだが、中国との戦争は支那事変で良いと不肖、今唐は考えるのだ。 

 何故なら、三国同盟のドイツ(ナチスであったが)でさえ、ポーランドを併合したり、ソ連(当時)までも攻め入ったし、イタリア(ムソリーニ)は、エチオピア(ソマリアとエリトリアを含むイタリア領東アフリカ)を保持したが、第二次世界大戦ですべて喪失した。

 と言う状況であり、時代背景としては、そのような時代であり、つまり、攻め取り勝手の「帝国主義」の時代であったからである。

 ニつには、また、乱暴に言い放てば、後発の殖民国家が先進の植民地国家の連合、主として立派な先進植民地国家でもあったアメリカに敗れたのが第二次世界大戦の基本的な構図なのである。

 三つ、従って、この戦争の日本での名称は、「一」で書いたが、支那事変であり、文部省規則かなんかで馬鹿らしくも決めているそうであるが、太平洋戦争ではなく大東亜戦争になるのである。以上が、「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」の、「この大戦」、に対する、「歴史認識」、なのである。

 四つ、従って、「村山談話」などクソ食らえなのである。村山談話を由とする者は、今もある歴史の冷徹な真実を知ることの出来ないお世界の人好しなのである。

 ネットで呼び掛けて、国連の前でデモ等を行い、構成国の主要国家の懺悔旬刊か議題を設定せよ、とビラでも配ったらどうでしょうか。

 五つ、最後ですが、中国の近平君は、今は切り取り自由の帝国主義の時代ではなく、曲がりなりにも時代は少しは進んだので、余り無茶をしないように注意しましょうね。

 <ご参考、少し面白い、ヤフー知恵袋>
 中国を侵略した国家は、日本以外にもモンゴル、イギリス、フランス、ロシアなどたくさんあるのに、なぜ江沢民時代に国をまとめる手段として反日教育を選択したんですか? 一番酷く侵略したのは、アヘン戦争のイギリスか、日中戦争の日本?(モンゴルは古すぎるので除外) やはり日本がヘタレだから? 
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1352636828

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとに熱く!終戦記念日での支那事変、日中戦争、侵略戦争のこと(考察シリーズ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる