あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとに熱く!尖閣、自民党野中元官房長官バカ発言(考察シリーズ)

<<   作成日時 : 2013/06/05 09:36   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 尖閣、自民党野中元官房長官バカ発言(考察シリーズ)

 古賀元幹事長に続き、今度は野中元官房長官、自民党左派がまたまたバカ発言した。どうなっているのであろうか。 つまり、中国から呼ばれて、のこのこ出て行ったそうだ。そして、下の記事によると、「「田中角栄首相(当時)から、調印直後に、両国の指導者は尖閣諸島の問題を棚上げすることで共通認識に達した」、と直接聞いたと、劉氏に伝えたことを明らかにした。」、と中国との会談直後に会見し語ったのだ。

 彼が、日本人であるなら、何故そのようなことを語る必要があるのであろうか。実質、日本が現に支配しており、中国が関心を示し始めたのは、石油の話からであるし、国有化したからと難癖をつけているが、日本の国有化の前に中国は勝手に自国の領海の中に尖閣を抱え込んでおり、明らかに日本から奪い取るとの国家戦略の意志によって攻勢を強めているのである。

 ところで、東京大学田中明彦研究室が調べてくれているが、田中元総理と周さんとで下の通りのやり取りはあったようである。

田中総理: 尖閣諸島についてどう思うか?私のところに、いろいろ言ってくる人がいる。

周総理: 尖閣諸島問題については、今回は話したくない。今、これを話すのはよくない。石油が出るから、これが問題になった。石油が出なければ、台湾も米国も問題にしない。

〜〜〜〜〜〜

 上だけの会話であれば、そして、強弁すればもち掛けたのは田中さんだし周さんは中国のものだとは触れていないということになる。

 「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」は面倒だから、調べないが明らに中国がその領有の意志を秘めた「棚上げ論」は、先の賢い世代に、とケ小平が言ったそうだが、そちらの方ではなかろうか。

 取りも直さず、野中さんは自民党も止めってしまったそうであるが、わざわざ中国にまで行って誤解を与える発言をするその意味が判らないのである。共産中国は先に示したように自国領にしようとする戦略的意図に寄って活動しているのであって、一歩の隙も与えてはならないのである。

 いい年をして、そのような単純な理屈が解らないのであろうか。両国の関係改善の回復と言う善意があろうとも、そのような配意には、ニコニコ笑いながらつけ上がってくる国であることが理解できないのである。だから、オールドリベラルボーイ(子供ちゃん)、と不肖、今唐は称しているのである。またまた、同志の古賀さんもご一緒したようであるが。 意味の解らない読者は前の記事をご覧下さい。

 自民党でさえ辞めて党費も節約しているのあれば、自身が語っていたように、完全引退をして悠々自適の余生をお送り下さい。

<ご参考>
○ 尖閣「日中が棚上げ」 訪中の野中氏「田中元首相が発言」
2013年6月4日 朝刊 (東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013060402000136.html
 【北京=佐藤大】野中広務元官房長官を団長とする超党派の訪中団が三日、北京の人民大会堂で中国共産党序列五位の劉雲山政治局常務委員と会談した。
 野中氏は会談後の記者会見で、一九七二年の日中国交正常化交渉の直後に田中角栄首相(当時)から「両国の指導者は尖閣諸島の問題を棚上げすることで共通認識に達した」と直接聞いたと、劉氏に伝えたことを明らかにした。
 日本政府は領土問題は存在せず、「棚上げで合意した事実はない」(菅義偉官房長官)との立場で、野中氏の発言は波紋を広げそうだ。
 尖閣問題をめぐっては、中国人民解放軍幹部が二日、アジア安全保障会議で「棚上げ論」を主張している。劉氏は野中氏らとの会談で、尖閣諸島をめぐる日中対立を念頭に「双方の対立を早く解消しなければ、両国のためにならない」と言明。領有権争いの存在を日本側に認めさせる狙いがあるとみられる。
 新華社電によると、劉氏は野中氏が中日関係発展のため尽力してきたことを称賛し「共産党と政府は中日関係を重視している」と強調。一方、野中氏は「各党の政治家は歴史を直視し、日中友好に向け関係修復を図る必要がある」と語った。
 野中氏は、習近平国家主席にも影響力がある曽慶紅元国家副主席と何度も会談して信頼関係を築き、日中のパイプ役を務めてきた。
 会談には自民党の古賀誠元幹事長、民主党の仙谷由人元官房長官、共産党の穀田恵二国対委員長ら超党派の議員ら計九人が同席。中国側は党中央対外連絡部の王家瑞部長らが出席した。

○データベース『世界と日本』 日本政治・国際関係データベース
東京大学東洋文化研究所 田中明彦研究室
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/JPCH/19720925.O1J.html
[文書名] 田中総理・周恩来総理会談記録 [場所] 北京 [年月日] 1972年9月25日〜28日  [出典] [備考] 
[全文] 極秘無期限  
日本政治・国際関係データベース

 (この項おわり)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとに熱く!尖閣、自民党野中元官房長官バカ発言(考察シリーズ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる