あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとに熱く!中韓首脳会談、朴大統領の反日歴史認識(考察シリーズ)

<<   作成日時 : 2013/06/29 20:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

中韓首脳会談、朴大統領の反日歴史認識(考察シリーズ)

 韓国の朴お姉ちゃんはもっと確りしているかと思ったら、どうやらそうではないようだ。今回の中韓首脳会談で、まるで、すッ頓狂で宇宙人の元総理鳩山さんのようなことを言ったようだ。名指しはしなかったようだが(日本は除き)東アジアを韓国と中国で仲良く治めましょうとの宣言を出したのだ。

 昨日(6月28日)の産経紙が伝えているが、中国が持ちかけて韓国は押し切られた。中国はロシアと米国にも持ちかけたがロシアと米国は断ったそうだ。当たり前だ、二つの国は中国と同様の派遣国家だ。だが、韓国は日本の殖民地(委任統治)になるまでは中国の属国であったからある意味、仕方がないかもしれないのだが。

 また、内心どうであるかは解らないが、米国が中韓にTPP参加を呼びかけたようであるが、消極的であるようだし、彼女の歴史認識は少し甘いのではなかろうかと、学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗は心配する。

 油断しておれば、中国の人口は30億、韓国は南北両方でも1億に不足している。極東ロシアのようにいつの間にか、ワイワイガヤガヤと静かとは言えないが、北鮮あたりは中国に飲み込まれてしまうであろう。

 つまりは、21世紀の帝国主義国家の、もっと柔かく言えば覇権主義国家の、中国の属国になりはしないかと言うことにである。

 帝国主義時代に委任統治をした日本は、英国やアメリカ?やフランスや、ドイツ、スペイン、ポルトガルなどのように植民地からは収奪は一切していないのである。せっせとインフラ整備に努めたのである。当時の帝国主義国家で自国の「平民」は放っておいてこんなことをした国家は日本だけであったのだ。

 産経紙が伝える内容は不確かな観測記事である場合もあるが、朴お姉ちゃんが内心は中国を警戒しているのであれば、それはそれで良いであろうが、2013年6月に朴大統領は近平君と上のような文書を作ったという事実は、恐らく、地球が消滅するまでは残るであろう。

 残念だが、何代か知らないが女性で初の韓国大統領朴、可愛い感じのパクお姉ちゃんのバカさ加減が歴史上に永遠に残されるのである。不肖、今唐は非常に残念である。また、産経紙は朴お姉ちゃんが日本を外し、韓、米国、中国の連携(日米外交筋)を選んだと書くが、外交筋が語ったかどうかは不明である。何故なら確認は取れないのであるからだ。

 どこの社でもこの意味では、金髪でない馬鹿な豚野郎のメデイアなのである。書き放題になるのである。

 また、米国は韓国に対して、「歴史認識で突出した日本批判をするなと強く働きかけてきた」、そうであるが、朴お姉ちゃんは聞き入れなかったのである。日本の名前は出していないというだろうが、日本の名前を出せば昔であれば宣戦布告と同様であろうし、今の日本は戦争は出来ないものの、少ないであろうが親日派が眉を潜めるであろうし、野党も声を上げるであろう。いや、韓国の政界は反日では与党も野党も糞もないのかも知れないが。 

 何回も書くが、歴史認識を改めるのは、むしろ韓国や中国であるのである。そして、鳩山さんも日本の左翼政党も、良く良く考えて欲しいが無理な話なのであろう。

 (この項おわり)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとに熱く!中韓首脳会談、朴大統領の反日歴史認識(考察シリーズ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる