あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとに熱く!中国、アメリカ、日本の三つ巴での生き残り(政治)(考察シリーズ)

<<   作成日時 : 2013/06/10 07:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 中国、アメリカ、日本の三つ巴での生き残り(政治)(考察シリーズ)

 この記事は下の記事とのシリーズです。お読みでない読者は必ず下の記事にざっと目を通してください。

○中国、アメリカ、日本の三つ巴での生き残り(経済)(考察、経済のことは解らないシリーズ)
 << 作成日時 : 2013/06/09 11:09
http://39383054.at.webry.info/201306/article_11.html

 日本と言う国は面白いし、開かれた自由な国である。今朝のNHKのニュースで流れたが、早速、安倍内閣はアメリカから習君とオバマとのG2会談内容結果についての情報を受け、その対策を取る、とのニュースが流れた。

 誰が言い出したのかチェックはしないがここ2、3日で、相当数の専門家がアメリカから情報提供を受けろ、と言っていた。産経紙の土曜日(6月8日)ではアーミテージ元国務長官次官補が情報提供は行なわれる、日曜日では菅官房長官が、予め尖閣に対する日本の考えを中国に伝えろと要請し、結果も週明けに日本に伝えられる、と語った、と伝えてくれている。

 なかなか安倍内閣は的確に動いてくれていると思うし、ある意味で国民は安心する。

 確か、今回の近平君(習君のこと)と同様に、オバマは早い時期に中国に渡りG2を目論んだが、どうやら、胡錦濤前主席は性格のようだがはっきりした言動がなく(最近2、3の専門家が伝えた)、会談内容については二つの国は勝手にやったら良い、だが、オバマは失望したようだ、とこのブログで書いた記憶がある。

 不肖、今唐が言いたいことは、官房長官が、言ってくれ、と事前に要請したことは、さすが菅さんは古賀派だそうだが、苦労人である。きめ細かく安倍総理を支えているように思う。だが、オバマもシャイな人物だそうで言ってくれたかどうか解らず、言わなかった可能性の方が高いと思う。

 何故なら、オバマはもともと実体経済でアメリカを立て直す、そして、富の分配を公平にする、と言ってアメリカ大統領になった男であり、その一発目がアメリカ要請であろう中国とのG2であり、もともと中国重視が彼の本音であろう。アメリカの実体経済を活発化させるパイは中国は大きいからだ。

 ニュースでは尖閣について、オバマは平和的にやってくれ、と言ったが、近平君はのけのけと、一部の国がちょっかいを出すのを止めたらそうする、と言ったと伝えられた。学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗は、このグログで主張しているが、ちょっかいを出したのは、中国の方が先である。

 また、尖閣は取る、が中国の戦略で核心的利益になっているのである。一次安倍政権のときに、総理指示で海保が体当たりして第一波の中国の戦術を撃退したが、民主党の3年間で今の事態にまで悪化した、と言って良いであろう。正に、中国とロシアは油断すると尻(けつ)の毛までも抜く国なのである。それを見て、韓国の大統領も真似をする。

 従って、公船での接続水域航行の状態化、時々、領海侵犯は既に獲得した権益で中国は止めるつもりはないであろう。止めるのであれば、相手が先に手を出した、とは言わないはずである。

 従って結論であるが、どんな、理不尽があっても日本は戦争できない国で、防衛戦争を除けば、そうあってもよいと学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗も考える。

 従って、中国、アメリカの三つ巴に限らず、政治が確(しっか)りする必要がある。そのための具体論であるが、武力の代わりに「防諜、謀略の情報力」、ソフト力の強化、開かれた自由闊達な論議による国民教養の徹底、大まかな国民の世論形成の確保、ある程度の長期政権の維持などが思いつく。当面は、海上警備、警察力の確保が急務である。

 オバマはあまり頼りならないようだが、アメリカとの連携の確保、ポチであることを自覚して、安倍総理はオバマとG8で会談する際はどんどん、経済(前の記事)で書いたが教養してやってください。また、軽く噛み付いても良いのである。なにしろ、日本はアメリカの愛犬ポチなのである。

 また、要らないことであるが、中国での尖閣発言で、下手な言い訳を、昨夜、元自民党野中さんが「週間BSーTBS報道部」で、やっていた。善意はわかるが、抜け落ちていたのは、中国の戦略戦術に対する理解である。はっきり書くが常識的総合力が欠略しているのである。

 不肖、今唐加太朗は野中さんや古賀さんなどをオールドリベラルボーイ(子供ちゃん)と称している。意味はしたの記事をご覧下さい。

○ 自民党野中元官房長官バカ発言(考察シリーズ)
 << 作成日時 : 2013/06/05 09:36 >>
  http://39383054.at.webry.info/201306/article_5.html
 
 (この項終わり)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとに熱く!中国、アメリカ、日本の三つ巴での生き残り(政治)(考察シリーズ)  あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる