あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとに熱く!自民党川口環境委員会、委員長の解任決議(考察シリーズ)

<<   作成日時 : 2013/05/08 09:39   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 自民党川口環境委員会、委員長の解任決議(考察シリーズ)

 突然、自民党川口さんの環境委員会委員長の解任決議がニュ−スとして飛び込んできた。最近のことであるのかと思ったら4月25日の委員会が中止となったことについてだという。環境委員会の理事たちはアホ違うかと思った。

 学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗が先ず結論を示す。つまり、こんなことは国会議員というアホ人間のやることだ、自身を何様だと思っているのであろう。与野党の環境委員会の理事は、参議院議院運営委員会の理事は、国民の負託に答えられない、国会村の屁理屈を捏ねる傲慢連中なのである。

 詳しい経緯は次の通りである。4月23日、24日と川口さんは国際会議のため中国にっていたのだが、中国の外相担当の陽国務委員との会談(川口氏要望)が入ったようだ。

 それで川口さんは、具体的には代理で、参議院運営委員会に外国滞在の期間を23日から25日と申し入れたが、野党側の了解が得られず、23、24日までにちょん切られた。

 それで、環境委員会は25日に環境委員会の開催を決定した。川口氏はそのまま中国に滞在して、4月25日の委員会が中止になったようである。以上は5月8日の産経紙報道からである。

 読者の皆さんどうお思いでしょうか、まるで、「学級崩壊」、した、「悪がきぞろいの中学校の学級」、のようではないでしょうか。国会議員とは実際、こんなものなのであろう。

 議院運営委員会規則なりの詳しい定めは不肖、今唐は知らないが、知恵が出せた筈ではないか。川口氏は、国会か国益か苦渋の決断を迫られた、旨語っていたが、今時の日中関係を見れば、その通りではあろうが、どなたが代理で動いたか知れないが、知恵を出せ、詰めを確りせよ、と言いたい、のである。

 今時の国会議員にそんなことを求めるのは無理なのであろう。これも、第二の結論である。

 (この項終わり)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとに熱く!自民党川口環境委員会、委員長の解任決議(考察シリーズ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる