あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとに熱く!激論クロスファイアーのいい加減さ(考察シリーズ)

<<   作成日時 : 2013/05/04 13:53   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

 激論クロスファイアーのいい加減さ(考察シリーズ)

 つい最近、主として田原氏の品格のなさや人格上の不遜さについて記事を書いた。土曜日のTVについては、学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗は、早朝の二つの番組(地デジ10チャン、正確な番組名は調べない、面倒だ)、を除き視聴したいと思うものが少ないので、時にはこの番組を見ていた。

 今朝もそのような流れであったが、酷い番組の内容であった。出演者も酷かった。ネットで検索するとユーチューブもあるようである。関心のある読者は見て下さい。不肖、今唐今唐は途中でチャンネルを換えた。

 ○ BS朝日 激論クロスファイアー
インタビューの巨人・田原総一朗が切り拓く新境地!現代日本の行方を徹底的に考える
http://www.bs-asahi.co.jp/crossfire/
【出演者】
田原総一朗 (ジャーナリスト)
村上祐子 (テレビ朝日アナウンサー)
 <5月4日の内容>
消滅の危機!? 日本の「リベラル」はどこへ行く
*山口二郎 北海道大学教授 *鈴木邦男 政治活動家、一水会最高顧問
 〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 不肖、今唐が酷かったと考えた内容を次ぎに掲げていきます。一つ、鈴木邦男さんは、もっと、「明確で確実な覇気のある人物」、かと思っていたがそうではなかった。確か、2冊本を買って読んだと思います。中に、中国のプロパガンタの南京事件の真実に迫った本もあったと思います。間違っていたらごめんなさいね。

 今日は上のような印象とは全く違った。田原氏の誘導に乗って、そうですね、と相槌をうつ温厚な人物であるような印象なのだ。まるで、若年認知症であるような印象を受けた。一水会最高顧問が泣くぞ、と思ったのだ。

 二つ、山口二郎さんは眼鏡をかけ蜥蜴のような印象を受ける人物で、良くテレビで見かけるが、流石に 弁舌は切れ、頭の回転も速いのだが、それで、知らない事実でも上手く覆い隠してしまうな、という印象を持った。その印象は、「現憲法」、が出来たときの日本側案についてであるが、1名は確実に名前を上げたが、その頃の、つまり、日本案や「現憲法」の現出にかかわった憲法学者達の資料の調査を網羅した上での話ではない、のである。

 ウイキペディアでの氏に対する評価で、不肖今唐の印象に繋がる部分を下に示します。

 ○ このような山口の橋下徹への批判活動について、ニューヨーク州立大学の入山章栄助教授は「山口二郎教授が『政治学者』だと世に認識されてしまうと、他のマジメに研究をしている政治学者が甚だ迷惑」。

 ○ 早稲田大学の東浩紀教授は「橋下氏との討議の流れで戦略を変えられず、硬直した原理論しか展開できなかった山口二郎氏は力がない」と評している[10]。

 ○ 池田信夫は山口の主張について「絶対平等主義や一国平和主義などの古い話を壊れたレコードみたいに繰り返している。(抜粋)      

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 要は、憲法改正の自民党案や産経紙案を示して、現憲法でも、「基本的人権は公共の福祉によって制約」、されるのだが、この言い換え部分を捉えて、このままだと、個人の権利や自由を容易に制限する、とんでもない国になってしまうぞと国民にプロパガンダしているのである。

 田原氏とはデリカシーの無い、無責任な男である。それから、村上さんに助言である。喋る時に目をむく癖があるので直してください。そして、正論などは社から読むことは禁止されているかも知れませんので、せめて、文芸春秋など月間綜合誌をなにかお読み下さい。

 背もお高いようですので美人の素晴らしい女性キャスターになる素質は充分お持ちであると見ています。村上さん御免なさいネ。

 (この項おわり)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ 財布
あゝとに熱く!激論クロスファイアーのいい加減さ(考察シリーズ) あゝとにあつく!/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ 財布
2013/07/09 23:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとに熱く!激論クロスファイアーのいい加減さ(考察シリーズ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる