あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとに熱く!言いたい放題小僧橋下大阪市長の弁明要旨(3)(考察シリーズ)

<<   作成日時 : 2013/05/29 04:55   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 言いたい放題小僧橋下大阪市長の弁明要旨(3)(考察シリーズ)

 この記事は、続きである。始めて読む読者は、是非、下のURLで示した括弧の(2)を読んで下さい。

言いたい放題小僧橋下大阪市長の弁明要旨(2)(考察シリーズ)
<< 作成日時 : 2013/05/28 21:49
http://39383054.at.webry.info/201305/article_31.html

問 −−(シンガポール紙の記者)スピーチで「6月のG8サミットが、世界各国の兵士が性の対象として女性をどのように利用していたのかを検証し、今日の問題解決に協働して取り組む場となることを期待する」とおっしゃったが、具体的に何を期待するのか。

○ 日本に責任がないなんてことはあり得ない。日本の責任を認め、事実をしっかり検証した上で、日本の慰安所方式以外のやり方でどのように女性の人権が蹂躙(じゅうりん)されたのかをしっかり議論してほしい。
* ちょっと引っかかるが、まあ、よしとしよう。

問 −−(日本の記者)河野談話を「否定しないが、不明確なところがある」という言い方が不明確だ。軍の強制性はあったと思うのか。朝日の記者か?(不肖、今唐)

○  河野談話に書かれている事実を変える必要性はないと思う。しかし、表現については、もっと付け足さなくてはいけない。表現を付け足すことを修正というか明確化というかは言葉の問題だと思う。まさに、強制性の言葉を、もっと丁寧に記述すべきだと思う。

* 不肖今唐には大いに異論のあるところである。この記事の(2)で書いております。不肖、今唐の方が正しいと思うのだが、上のような考えが定着することは、非常に怖いことで、身震いするほどである。

○ 国家の意思として組織的に女性を拉致し人身売買をしたのか、北朝鮮の拉致と同じような状況だったのかについては、河野談話では触れていない。

○ このような事実がなくても、慰安婦の皆さんにおわびはしなければならない。ただ、国家の意思として組織的に拉致したのか、ここは、日本の認識と韓国、世界の認識にずれがあるので、事実は明確化しなければならない。
 そのような事実があったのかなかったのか、日本政府がしっかり言及すべきであって、これを僕は「明確化」と言っている。
* 反論、補足する部分があるが、繰り返さない。

 (中おわり、続く)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとに熱く!言いたい放題小僧橋下大阪市長の弁明要旨(3)(考察シリーズ)  あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる