あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとに熱く!言いたい放題小僧橋下大阪市長の弁明要旨(1)(考察シリーズ)

<<   作成日時 : 2013/05/28 16:19   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 言いたい放題小僧橋下大阪市長の弁明要旨(1)(考察シリーズ)

 下のコピーから彼が小僧たる所以を書いていく。下のコピーは上中下とあってそれが1、2、3・・と区分されています。可能な限り下を読まなくても良いように書いていきます。なお、彼が用意して配布した弁明書ではなく、一問、一答の内容を要約したもののようであります。

問 −−慰安婦の強制連行の有無などについて

○(橋下説明(要旨、抜粋)以下同じ) 大前提として、日本の過ちは正当化するつもりはないということを理解してほしい。これまでの慰安婦問題の議論は、日本の責任を否定するような議論が多かった。われわれは責任は回避できない。

*(学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗の補足説明、反論、以下同じ) ここまで完全に卑下して、また、高らかに、責任を認める必要はない。韓国や日本には公の公娼制度が存在していたのである。

○ つまり国家の意思として意識的に女性を拉致した、国家の意思として組織的に女性を人身売買した、こういうことについて認めていないというのが日本の立場だと考えている。
* これはその通りである。

○ ただし、軍の一定の関与はある。ですから、慰安婦の方にはきちんとおわびしなければならない。
* 彼女らは業者が巻き上げていない限り、割り増しの給料は貰っており、国家の認めた公娼であるから、ご苦労さんで良い。

問 −−イタリアの記者「女性の尊厳を尊重する」「慰安婦制度は尊厳を冒す」ということだが、昨日の報道番組で(大阪市西成区の料理組合)「飛田新地」の顧問弁護士をしていたというが、どのようなことか。

○ それは、飛田の料理組合の弁護士ということ。(売春行為など)日本において違法なことがあれば、捜査機関が適正に処罰する。料理組合自体は違法ではない。
* ところが新地の実態は売春で、捜査機関は年1回捜査することも無いであろう。時々新聞には載る。ではあるがそんなことは言えないであろうが。

* 市長もTV当時のように茶髪の鬘でもつけて遊んでみたらどうであろうか、実態が理解できると思うのだが、こんなことを書くと奥さんやお子さんから叱られそうだが。このようなのりで沖縄の司令官に云ったのではないと思うのだが。どうであろうか。

問 −−(日本の記者)外国から疑問を持たれることは政治的責任を伴う。共同代表を辞任する考えはあるか。参院選に出るか。

○ 民主主義の国で、政治家の政治的責任は選挙で審判を受けること。その結果を受けて、党内で、私自身を代表のまま就かせるのか議論が起こる。それが民主主義の国における政治家の責任の取り方のメカニズムだ。
* 別の記事で、恐らく意図的な支持率アップのための発言であろうと、不肖、今唐は書いた。世論調査では「不評」との結果が出ているが選挙はやってみないとわからないであろう。維新から鞍替えした候補者がいたが見事に落選するであろう。

問 −−(日本の記者)他の国も(戦場での性の問題に)一定関与しているので、日本だけ批判されるのはおかしいという考えか。

○ 核心的論点に関する質問だ。繰り返しになるが、私は日本の過去の過ちを正当化するつもりはない。慰安婦の方々が味わった苦しい経験について、われわれはずっと、それを引き受けていかなくてはならない。
* 今までに書いたとおりである。そうそう気に病むことの程もない。

○ ただ、この慰安婦問題に関して、不合理な議論には終止符を打つべきだ。
* 正にそのとおりである。朴大統領をはじめ韓国の皆さんには特にこのことを申し上げたい。韓国の対象の女性は全て「基金」のお金を受け取らなかったとの報道があったが、本当に金髪でない馬鹿な豚野郎のメデイアで、受け取っている女性も居るそうなのだ。読者にお詫びしておきます。

○ 戦場の性の問題は、これまでタブー視され、表だった議論はなかった。慰安婦を利用した日本は悪かったが、民間業者の女性を利用することはいいのか。米国や英国は、軍が施設を設けることはしなかった。しかし、現地の女性を利用したことは歴史的な事実だ。

○ また、ドイツも日本と同じような施設を使った事実が出てきている。朝鮮戦争時においては、韓国にも施設があったという事実が出てきている。このような事実について、世界はすべてフタをしている。

○ もちろん「世界がやってるから日本もいいじゃないか」と言うつもりはないし、そういうことを言ってはいけない。私たちは悪いことをした。しかし、皆さんも過去を直視してほしい。女性の人権を守るために、軍の一部の心ない兵士による人権蹂躙を防ぐために、過去を直視しなければならない。

* 悪かったと反省しても、事実を認識しても、過去を直視しても恐らく問題は解決する筈はない。何故なら、性は人類永遠のテーマであるからだ。

msn産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/photos/130527/waf13052723530049-p1.htm
関連ニュース【橋下氏会見@特派員協会】詳報(上)戦場の性の問題「今まさに議論しないといけない」
【橋下氏会見@特派員協会】詳報(中)「侵略と植民地施策、しっかり認識しないといけない」
【橋下氏会見@特派員協会】詳報(下)戦場での性的利用「だめだという世界の決議必要」

 (上終わり、つづく)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとに熱く!言いたい放題小僧橋下大阪市長の弁明要旨(1)(考察シリーズ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる