あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとに熱く!日本人の軍歌に込めた想い(文学、ポエムシリーズ)

<<   作成日時 : 2013/05/27 19:20   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本人の軍歌に込めた想い(文学、ポエムシリーズ)

麦と兵隊は軍歌を歌う人は誰でも知っている。
だが、田端義男のこの唄はマイナーと言っても良い。
赤紙一枚で徴収された日本男(おのこ)の思いが込められた唄だ。
チャンコロとは呼んだが、中国人民への蔑視は微塵もない。
国や母に対する思いや、
一種の諦観とか美意識が伝わってくる。

〜〜〜〜〜
<この唄へのコメント>
Alain Xia 6 か月前のこれが原文

Just imagine that the Japanese could post such a song here on Youtube! This piece is military anthem of the Japanese army during World War II.

For those who always consider Japan to be a peace-friendly nation, the posting of the music may serve to wake them up to the fact of how dangerous the Japanese militarism still IS today.

<下がコンピュータ(bing)による訳文 アラン ・夏 6 か月前(有難う御座います)>、

ちょうど日本人をそんな歌をここで Youtube に投稿できることを想像しなさい!この作品は第二次世界大戦中に日本軍の軍事国歌です。常に平和な国家である日本の検討を人のために、それらはどのように危険な日本の軍国主義は今日事実まで目を覚ます、音楽の投稿となります。
〜〜〜〜

英語が判る人も解らない人もアラン君の思いは知ることが出来る。
だが、当時はそうしなければ
日本も
中国や朝鮮からとは言わないまでも
西欧やアメリカから攻め込めれた時代であった。
だが、日本の兵隊さんは、
一種の諦観や美意識で
その事を歌ったのだ。

○梅と兵隊 田端義夫
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=DO2nMBFnuSA
akiraplastic5·224 本の動画
チャンネル登録 アップロード日: 2012/02/11 (有難う御座います)
南條歌美:作詞、倉若晴生:作曲。昭和十六年。

○麦と兵隊 東海林太郎
http://www.youtube.com/watch?v=XmQ9tzANDlM&feature=player_detailpage
. 220hemu·30 本の動画
チャンネル登録 121 アップロード日: 2010/06/24 (ありがとう御座います)
1938年(昭和13年)12月ポリドールから発売。
作詞:藤田まさと  作曲:大村能章  唄:東海林太郎

 (終わり)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとに熱く!日本人の軍歌に込めた想い(文学、ポエムシリーズ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる