あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとに熱く!韓国で優秀とされるジャーナリストの幼稚さ(考察シリーズ)

<<   作成日時 : 2013/05/23 21:14   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 韓国で優秀とされるジャーナリストの幼稚さ(考察シリーズ)

 幼稚なその人の名は、韓国の中央日報の論説委員の金氏(53歳)である。過去に「大韓言論賞」も受賞しており、韓国では優れたジャーナリストの一人だそうである。

 学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗は、中央日報がどんな新聞か、「大韓言論賞」はどんな賞かも知らない。どうせ、大した新聞でもなく、大した賞でもないのであろう、と言いたい。以下は、5月23日の産経紙の記事に基づいて、このブログの記事を進めて行く。

 一つ、安倍総理が航空自衛隊松島基地を訪問し、飛行機の操縦席に座ったが、その際の戦闘機?の番号が731であったことを取り上げて、日本人でも殆ど気付かない 「在中国の細菌部隊」の731部隊と結びつけて日本の反省が足りないと非難しているのだそうである。

 航空自衛隊もうっかりしていたのであろう。また、金氏は731部隊と結びつけたのであるから記憶力は抜群なのであろう。ちょっと横道にそれるが、日本は、恐らく、未だに中国の言いなりにお金を支払っているのであろう。馬鹿、馬鹿しいから、ソロ、ソロ打ち切ったらどうでしょうか。これは、余談。

 本論に戻るが、安倍総理が731号機に座ったところで、要はどうだ、ということなのである。金氏の知識のひけらかしに過ぎないのだ。ぐずぐず言ったら、日本が再び細菌戦で韓国や中国に攻め込む意図だ、とでも云うのであろうか。アホらしい、全くの言いがかりに過ぎないのである。

 次いでは、アメリカの広島、長崎への原発投下を、「日本軍国主義へのアジア人の復讐だった」、と主張して、つまりは支持しているそうだ。だが、優れたジャーナリストとしては認識不足である。このことの真実は、アメリカの黄色人種への原爆の投下実験であったことはご存知ではないようである。うかうかしていると韓国もやられる可能性があるので、よくよくご注意下さいネ。

 また、アメリカの、当時の日本の一般市民への無差別爆撃による殺傷については、「国家を改造して歴史を変えた」と支持し、最後に、「日本に対する爆撃が足りないと判断するのも神の自由だ」、と今後の日本への攻撃をも示唆して記事を締めくくっているそうである。

 このような人物が、有数なジャーナリストとしてお隣の国に存在することは悲しいことである。不肖、今唐はチョンコロなどと揶揄しているが、長い時間がかかるであろうが、対中国という意味からも、同じ言語構造を持つ日本と朝鮮は「緩い連邦」を作るべきだと考えているのだが、未だ、未だ道は遠いのである。

 (この項おわり)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとに熱く!韓国で優秀とされるジャーナリストの幼稚さ(考察シリーズ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる