あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとに熱く!天皇陛下万歳、「主権回復の日」で(考察シリーズ)

<<   作成日時 : 2013/05/02 22:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 天皇陛下万歳、「主権回復の日」で(考察シリーズ)

 「主権回復の日」で天皇、皇后両陛下が退席されるとき、「天皇陛下万歳」が叫ばれて安倍総理も万歳をした、旨のTV報道があった。学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗は、アッ、安倍政権は大したものであるな、と思っていた。

 ところが、式次第にはなく、会場から自然発生的に起こった、と5月2日の産経紙は書いている。

 面白いのは公明党の山口代表で、自分で万歳をしながら、「「主権回復の日」は国民主権の憲法が出来て居る中での日本の独立が認められた日だ、万歳するのはどうか」、旨後で文句を言ったそうである。

 山口代表らしからぬ屁理屈である。憲法の中での位置づけで、天皇陛下は日本国と日本国民統合の象徴である。「日本国万歳」と「主権を持つ日本国民万歳」、と同じことでないか、アホ違うか、と不肖、今唐は考える。それとも、創価学会の池田会長から怒られるのであろうか。

 山口代表、すみませんね。なにしろ選挙ともなれば創価学会員が総動員され、昔、住民票を移すのだ、とまでも言った友人が居たのでつい嫌味も言いたくなるのです。

 お正月の皇居の参観日などではしばしば万歳が起こるので、推測だが、体育会系の学生グループや一部の宗教団体及び自民党青年部などが万歳して、それにひな壇の、「式典参列者」、が合わせたのであろう。

 トップの安倍総理が天皇陛下万歳と大声を出せば山口代表も合わせざるを得なかったのであろう。 安倍総理もなかなか曲者である。これで、来年からの式典では式次第に天皇陛下万歳の三唱が入るであろう。

 「天皇陛下万歳」は、「日本国万歳」か「主権のある日本国民万歳」と同じことであるから、来年は不肖、今唐も会場に行って大声で、「天皇陛下万歳」、と唱和しようと思う。不肖、今唐は、最近では、喉頭癌で大声を出すことも出来ず、また、その機会も無くストレスが溜まるのである。


 可能な限り声が出るように練習しておこうとも思う。年に一度、国民全員が、「天皇陛下万歳」、と大声を出してもいいではないか。なお、「主権回復・国際社会復帰を祈念する式典」、に対する不肖、今唐の考え方は下の通りである。
 
 <ご参考>

○ 沖縄、朝日など馬鹿な大反対、「主権回復の日」、について(考察シリーズ)
 << 作成日時 : 2013/04/20 12:13 >>
 http://39383054.at.webry.info/201304/article_20.html

 (この項おわり)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとに熱く!天皇陛下万歳、「主権回復の日」で(考察シリーズ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる