あゝとにあつく!

アクセスカウンタ

zoom RSS あゝとに熱く!皇太子殿下は退位すべきである(考察シリーズ)

<<   作成日時 : 2013/04/29 13:28   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

 皇太子殿下は退位すべきである(考察シリーズ)

 皇太子殿下と妃殿下は4月28日、オランダに到着された。学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗は随分以前に、可能であるのかどうか調べなかったが、殿下は退位すべきである、とこのブログで書いた。

 「雅子妃殿下を守る」、との、あの有名な記者会見があった時である。書いた動機は、日本国と日本国民統合の象徴となるべきお方が、言葉使いは悪いが、寝ぼけたことを言うな、と単純に思ったからである。内容については、下々の者も家族は放っておいて働いている者も多数いる、退位して雅子妃殿下を守られたら良い、また、このようなことは宮内庁の役人に言うべきで記者会見で言うべきことではない、また、恐れ多いが皇后陛下も手元で育て、教育係りをつけなかったことがこのような結果を招いたのだ、などの内容であった。

 また、昭和の偉大な噺家林家三平師匠の愛嬢泰葉さんのキャッチコピーをもじったが「金髪でない馬鹿な豚野郎のメデイア」も天皇陛下も弟宮殿下も発言について批判した、と伝えていた。

 今回のオランダの新国王即位式へのご招待では、逆のことが起こったのである。宮内庁長官の記者会見が報道されたとき、長官自身が自らご説明したのだろうか、兎も角、何回も催促したが、お答えが無いのだろうとも思った。

 また、28日のオランダの新聞では、日本の、「ストレスプリンセス」、が到着した、と蔑視の意味はないだろうが、報じたとTVは伝えていた。そして、安倍総理は長官自身が説得していないのであれば、即刻、交代させるべきである。ひょっとすると雅子妃殿下の病状に良い結果を与えるであろう、とも不肖、今唐は思う。

 不肖、今唐は病状に詳しくはないので、逆の場合も考えられるではあろうが。

 最近、宗教学者で、国際日本文化研究センター元所長の山折哲雄氏が、月刊誌「新潮45」3月号に、皇太子殿下に退位を勧めた。

 不肖、今唐は読んではいないが、皇太子殿下の退位が、プロの先生方で論じられるようになった、と喜んでいる。雅子妃殿下の病状が、早期に回復しないのであれば、退位すべきだ、と不肖、今唐は今でも考える。

 従って、ネットで、皇室典範をちょこっと調べると、「精神若しくは身体の不治の重患があり、又は重大な事故がある」(3条)場合のみ継承順位の変更を認めると定められているので、このままでは無理である。重大な事故には、素直に読めば、妃殿下の病状は含まれないであろう。

 従って、安倍総理の二つ目の任務は、皇室典範の改正である。総理、外遊から帰れば検討して下さい。

 (この項おわり)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン
あゝとに熱く!皇太子殿下は退位すべきである(考察シリーズ) あゝとにあつく!/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン
2013/07/06 02:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あゝとに熱く!皇太子殿下は退位すべきである(考察シリーズ) あゝとにあつく!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる